【F1】ベッテル「最終コーナーでブレーキを早めに踏んでしまった」

ベッテルは、予選Q3の最終コーナーで"怖気付い"て、早めにブレーキを踏みすぎたことを明かした。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンから0.186秒遅れの2番手を獲得した。ベッテルはQ3の2度目のアタックで、それまで2番手につけていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)をわずか0.001秒上回った。

 ハミルトンとの差が大きいことに驚いたというベッテルだが、予選でのパフォーマンスには満足しているという。

「とても満足している。最後にもう少し速く走れたら、もっと満足できただろう」

「たぶん最終コーナーでロスしたと思う。そこで怖気付いて、ブレーキを早く踏みすぎた」

「バリテリ(ボッタス/メルセデス)とはとても僅差だったし、良い仕事ができた。フロントロウを獲得するのに十分なマージンだ」

 またベッテルは、中国GPでのパフォーマンスは、フェラーリは予選で少しメルセデスに遅れをとっているということを示していると考えている。

 しかし彼は、オーストラリアGPの時よりも0.082秒ハミルトンに近づいており、レースではもっと競争力を持てるだろうと自信を持っている。

 ただ金曜日に有意義な走行が出来なかったことを考えても、メルセデスがどれほどのレースペースを持っているのかは明らかになっていない。

「僕たちは予選でペースが足りなかったけど、レースでは近づけると思う」とベッテルは話した。

「オーストラリアのレースでは、ルイスはタイヤに苦労していたけど、僕たちはそれほどでもなかった」

「たとえ状況がどうであれ、マシンがどう機能しようと、僕らは優勝を目指す」

 ハミルトンは、フリー走行や予選でベッテルやフェラーリが見せたペースは印象的なものであると話した。

「今朝のフリー走行でもフェラーリはとても速かったし、予選では接戦になるだろうを思っていた。だから僕はパーフェクトなラップを走る必要があった」

 また彼は、ポールポジションを獲得したラップではタイヤが温まらず、ゆっくりと走り出していたという。

「最後のラップは僕のベストラップだったけど、それも常に計画のうちだ。Q1ほど良い走り出しではなかったけど、走っていくうちにどんどん良くなっていった」

【関連ニュース】

【F1】中国GP予選:ハミルトンPP獲得。マクラーレンはQ2敗退

【F1】スケジュールに変更なし。中国GP決勝は予定通り日曜開催

【F1】FIA、日曜の悪天候に備え、救急搬送手段を複数用意

【F1】アロンソ、予選13番手は「神からのプレゼント」

【F1】中国GP決勝を9日15時よりライブテキストでお届け!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース