【F1】ベッテル、決勝に自信「レースではメルセデスに負けていない」

アゼルバイジャンGPの予選でメルセデスに対して遅れをとったフェラーリだが、セバスチャン・ベッテルは決勝で挽回できると考えている。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルはアゼルバイジャンGP予選で、メルセデス2台とチームメイトのキミ・ライコネンの後ろ、4番手止まりだった。

「結果はOKだが、言うまでもなく完全に満足しているわけじゃない」とベッテルは語った。

 フリー走行3回目で油圧系のトラブルに見舞われたことで走行時間を失ったベッテルだが、それを言い訳にはしないと述べた。

「今朝は助けにならなかったが、それは言い訳にはならない。僕たちは十分な周回ができている」

「結局、僕は単独走行だったから最終セクターでトー(スリップストリーム)がなかった。だけど、僕は言い訳が大好きってわけじゃない。もう少し上手くできたかもしれないが、最大でも3番手止まりだっただろう」

「メルセデスの(予選での)タイムアップに、みんな驚いたと思う。そこから、深読みしすぎないように気をつけなければならない。こういったサーキットだと、マシンを完全に快適に感じていれば、簡単にある程度のタイムは削れるんだ」

レースペースに自信のベッテル

 ベッテルは、日曜日の決勝ではメルセデスのアドバンテージは、少なく見えるはずだと考えている。

「僕たちは(決勝で)マシンはもっと良いと思うので、少し自信がある。あまり心配はしていない」と彼は付け加えた。

「確かに、グリッドの位置は理想的ではないけれど、明日は長いレースになるし、ペースは良いはずだ」

 『NBCスポーツ』が、フェラーリは予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンから1秒以上遅れたことを指摘した際、ベッテルは「今日は、彼らがそれをやってのけた。だけど、明日はそうはならないと思うよ」と反撃した。

「僕は4番グリッドからのスタートだ。ポジションをひとつ上げれば表彰台に上がれる。どうなるか見てみよう。明日もメルセデスが速いとは思うが、僕たちも互角だと僕は確信しているよ」

「金曜日、僕らのロングランはすごくよかった。だけど、もう少し後ろからスタートしていたら、それは助けにならなかっただろうね」

【関連ニュース】

バクー予選:ハミルトンPP獲得。2番手ボッタスに0.4秒差つける

バクーFP3詳報:首位ボッタス、僅差で2番手のライコネン

アロンソ、新たに”スペック2”ICEを投入。40グリッド降格

ハミルトン「タイヤコンパウンドが硬すぎる、悪夢のようだ」

アロンソ新型”スペック3”のエンジン投入。その効果を確認

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アゼルバイジャンGP
サーキット バクー市街地
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース