【F1】ベルギーGP、2001年以降初めてチケット完売。25万人超が来場か

シェア
コメント
【F1】ベルギーGP、2001年以降初めてチケット完売。25万人超が来場か
執筆: Filip Cleeren
2017/07/21 8:40

2001年シューマッハー最盛期以降初めて、フェルスタッペンの効果によりベルギーGPのグランドスタンドの全シートが売れ切れた。

 ベルギーGPの全グランドスタンドのシートが、フェラーリとミハエル・シューマッハーの最盛期以降初めて完売した。現在購入できるのは金曜日と土曜日の一般入場券のみである。

 ベルギーGPのプロモーターであるアンドレ・マースによると、チケットの売れ行きから想定して、週末に25万人超の観客が訪れるようだ。これは2001年以来の出来事である。

「観客席は、日曜日だけでなく週末を通して全て完売している」

 そうマースは、motorsport.comに語った。

「当局からの要請と安全上の理由から、我々は販売できるチケット数を制限しなければならない。すでに完売してしまったチケット数から想定するに、3日間で26万人以上の観客が訪れると予想している」

 ベルギーGPのチケット販売は、今季のF1カレンダーからドイツGPが失われたこと、さらにストフェル・バンドーンの初母国レースであること、そしてマックス・フェルスタッペンのファンによる影響がとても大きいことをマースは語った。

 昨年のベルギーGPでも、レッドブルのルーキーを応援するべくスパに2万5000人ものオランダ人ファンが集結し、グランドスタンドはフェルスタッペンのイメージカラーであるオレンジ一色に染まっていた。

「マックス・フェルスタッペンの効果がありありと見て取れる。もはやドイツGPが開催されなくなったことよりもはるかに重大な影響を与えている」とマースは説明している。

第50回目F1スパ

  2017年ベルギーGPは、スパ・フランコルシャンでF1を初開催してから記念すべき50回目のレースであり、これまで以上に盛り上がりを見せることが期待されている。

 予定されている催しの一部には、シューマッハーが初めてスパで勝利を挙げたマシンである1992年式ベネトンB192がパレードランするという。なお、シューマッハーはスパで6勝を記録している。

「今年は過去数年に比べてアトラクションの数を2~3倍増やしたファンゾーンに力を入れる」

 しかし、ここ数年で観客数が増加しているのにもかかわらず、グランプリ開催による収入は、昨年で862万ユーロ(11億円)、2015年は678万ユーロ(8.82億円)の赤字になった。

 ベルギーのビジネス紙『L’Echo』によると、その赤字が増加したのはセキュリティ対策の強化とレース開催料金の引き上げ、さらにドル高による影響で400万ユーロ(5億円)支出が増加したことが理由に挙げられるという。

 2007年以降、その差額はワロン地域の地方自治体によって毎年補填されている。監査法人Deloitte社によると、レース開催による経済的利益はワロン地域北部で2700万ユーロ(35億円)になるようだ。

 またmotorsport.comは、2018年のレース後に現在の締結されている契約が無効となるため、ベルギーGP主催者はそれ以降の契約交渉をF1と開始したという情報を掴んでいる。

 マースはそれ以上の詳細を語ろうとしなかったが、F1との会談の様子について、「リバティ・メディアとの関係は素晴らしい」と述べている。

【関連ニュース】

ストロールのF1昇格、カナダGPに好影響。”暫定”扱いの契約更新に期待

英GP直前の契約破棄にF1困惑。「期限延長も提案したのに…」

トルコGP復活へ。大統領とリバティ・メディア”原則的に合意”

『ラスベガスGP』の実現か? リバティ社「レースの開催回数を増やしたい」

鈴鹿、日本GPチケット3月12日から発売。シート幅拡大で快適に

次の F1 ニュース
【F1】レッドブル、サインツ放出否定も「”賢明な”オファーなら検討」

前の記事

【F1】レッドブル、サインツ放出否定も「”賢明な”オファーなら検討」

次の記事

【F1】フェルスタッペン、ベッテルからの苦言も「真剣に聞く気なし」

【F1】フェルスタッペン、ベッテルからの苦言も「真剣に聞く気なし」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Filip Cleeren
記事タイプ 速報ニュース