【F1】ペレス「ヒュルケンベルグとのコンビがチームを本当に速くした」

セルジオ・ペレスはニコ・ヒュルケンベルクのルノー移籍を聞いて、とてもショックだったと認めている。

 セルジオ・ペレスは、彼のスポンサーとフォースインディア間で商業契約に関する話し合いを行っている間にも、ルノーへの移籍を視野に入れて交渉を行っていた。

 最終的に彼のスポンサーとチームが合意に至ったことでペレスはフォースインディアと1年間契約を更新しが、代わりにルノーに移籍したのはチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグだった。ヒュルケンベルクを失ったフォースインディアは、エステバン・オコンと複数年契約を締結している。

「ニコのルノー移籍を知ってそりゃあショックだった。彼はルノーの候補の中でも評価が高いとわかっていたし、もし僕が移籍しなければ、ルノーは彼に目をつけるだろうとは思っていた」とペレスは当時について語った。

「彼のルノーへの移籍が正しい決断だったかどうかは、時間が経たなければわからない。でも僕は彼と共に過ごした3年間に満足している」

 ペレスとヒュルケンベルクは、2014年からフォースインディアでチームメイトとして働いた。ヒュルケンベルグは、2011年にテストドライバーとしてフォースインディアに加入し、2012年にエイドリアン・スティールの後任としてレギュラーシートを獲得した。翌年は1年間ザウバーで過ごし、2014年に戻って来てペレスとタッグを組むこととなった。

3年間共に一緒に働いてきて、フォースインディアは本当に速くなった」とペレスは付け加えた。

「僕らはお互いからたくさんのことを学んだ」

「今こそ、ニコは新たな挑戦に立ち向かう時だ。ニコは僕よりも長くフォースインディアにいたから、きっと彼は新しい人たちと働く必要性を感じていたんだろう。新しいことを学んだり、他の何か違うものを見つけるためにね」

「ニコから多くのことを学べたことは、本当に素晴らしい経験だった」

【関連ニュース】

『一貫性』重視で残留したペレス。契約がまとまり一安心

ヒュルケンベルグ、複数年契約でルノー加入。「シューマッハーのようにルノーで成功したい」

ペレス、新チームメイトに「最速タイムを出せるような人」を希望

ペレス「僕たちは来年、”トップ3”と戦えるかもしれない」

ヒュルケンベルグ「ルノーの成長には時間がかかる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース