【F1】ペレス「重大な弱点が見つかったが、解決は時間の問題」

ペレスは、今季のマシンVJM10に”極めて重大”な欠点が見つかったが、それでも楽観的に捉えていると話した。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスは、テスト中に発生した問題は非常に重大なものであったが、解決は時間の問題であり、テストでの順位も重要ではないと考えている。

 合同テスト2日目、トップから約2秒遅れの8番手タイムをマークしたフォースインディアのペレスは、この日のテストプログラムを完了することができなかったという。

「何度も(プログラムを)中断した」とペレスは話した。

「早い段階でブレーキの故障があって、何度もストップした。そのせいでテストプログラムを終えることができなかった。だけど僕たちはそこから学べている。もう一度たくさんのことを学習している」

「このマシンの弱点をたくさん見つけた。とても重大な欠点だったけど、それが解決するのは時間の問題だ。今日見つかった欠点を解決するのはとても簡単なことだ」

 昨年はメルセデス、レッドブル、フェラーリのドライバーに次いでランキング7位でシーズンを終えたペレスだが、今年のマシンパフォーマンスからは、まだチームの序列は見えてこないと考えている。

 彼は、「僕は楽観的に捉えている」とチームのチャンスについて話した。

「いつも通りだけど、テストでの順位は重要ではない。最終戦のアブダビGPが終わった時にどこにいるかだ」

「だからシーズン開幕に向けても気楽に考えているし、まだ長い道のりだ。明日はエステバン(オコン)が走って、最終日は僕も走ると思う。その時には僕らがどの辺りにいるのか、いろいろ考えることもあるだろう」

開幕戦へアップグレードの用意も

 これまでに見つかっているすべての問題を解決する時間はあるのかと尋ねられたペレスは、こう答えた。

「チームはオーストラリアGPに向けて、いくつかアップグレードを投入しようと懸命に働いている」

「これらのアップグレードを用いるのは簡単だけど、時間はかかる」

「できればメルボルンで投入したいけど、もし間に合わなくても、第2戦か3戦までには使えるようになるだろう」

Additional reporting by Oleg Karpov

【関連ニュース】

【F1】バルセロナテスト2日目:ボッタス首位。ライコネンがクラッシュ

【F1】バルセロナテスト2日目午前:ボッタスこのオフ最速を更新

【F1】アロンソ、ホンダのPUトラブルを「正直言って去年と同じ」と指摘

【F1】フェルスタッペン「ルノーのトラブルは”処理済み”」と断言

【F1】マクラーレン「テストのプログラムに妥協を強いられている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing II
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース