【F1】ホンダ長谷川氏「理想的な状況ではないが、多くを学んでいる」

ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、バルセロナ合同テストの3日目を終え、コメントを発表した。

 第2回バルセロナ合同テストの3日目、マクラーレン・ホンダはペースこそ上げられたもののまたもトラブルに見舞われ、48周走行するにとどまった。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、「難しい1日でした」と振り返った。

「我々の走行時間は、ストフェル(バンドーン)が午前中に走行している時に問題が検出されたため、限られることになってしまいました。しかし、ストフェルを午後の走行に戻すため、チームがいかに厳しい仕事をこなしてくれるのかを見て、もう一度励まされました」

 そうコメントを発表している。

「根本的な原因を突き止めるため、問題は検査中です」

「これらの問題に直面することは、ガレージで過ごさなければならないということを意味し、理想的ではありません。しかしこれはテストであり、時間があればあるほど、多くのことを学ぶことができます」

「ここまで7日間のテストにより、クルマとパワーユニットがパッケージ全体としてどのように機能するか、理解を深めることができています。我々は明日もテストプログラムを継続し、失った時間を補いたいと思っています」

 F1開幕戦オーストラリアGPまでに、残されたテスト走行の機会は、最終日の1日だけとなってしまった。

「メルボルン前にできるだけ多くのデータを収集する必要があるため、金曜日は我々にとって非常に忙しい1日になります。テストの最終日も、我々はできる限りの努力をします」

【関連ニュース】

【F1】ロングラン未実施のマクラーレン「未発見の問題がまだあるはず」

【F1】テスト3日目:ベッテルがトップ維持。マクラーレン48周止まり

【F1】アロンソ「良い感触と結果を得ぬまま、僕はレースを止めない」

【F1】ホンダ、テスト2日目に新PU投入「重要なデータを得られた」

【F1】アロンソ、ホンダPUトラブルを「正直言って去年と同じ」と指摘

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース