【F1】ホンダ、リタイアしたアロンソのエンジンに”問題”を発見できず

「エンジントラブル!」と主張し、ベルギーGPをリタイアしたアロンソ。しかし、パワーユニットの異常を示すデータはなかったという。

 ベルギーGPでのアロンソは、10番グリッドからスタート。好ダッシュを決め一時7番手まで浮上したものの、ストレートスピードの不足により続々と後続車のオーバーテイクを許し、ポジションを下げていった。

 この状況にアロンソに不満を募らせたアロンソは、無線で度々メッセージを送り、パワーの欠如が受け入れがたいことを明らかにした。

「恥ずかしい。本当に恥ずかしいよ」

 そうアロンソはラジオで語った。そしてその後、次の様にも語っていた。

「ギャップについてはあまり気にしていない。だってこれは単なるテストだ」

 ポイント圏内から落ちた後、アロンソはチームに対して、レースが終了するまでに豪雨の可能性があるかどうか尋ねた。しかしチームは、レーダーには雨が映っていないと回答した。

 そのやりとりがあった直後、アロンソは「エンジントラブル! エンジントラブル!」と報告し、ピットに戻った。

 ホンダはアロンソのパワーユニットには何の問題もなかったことを示唆。この情報は、アロンソが自らの意思でリタイアした可能性を示唆した。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、次のように語った。

「彼はマシンに問題があると感じた時、ラジオでそう報告した。データには何も表示されていなかったが、我々は予防措置としてマシンを止めることを決めた」

 しかしアロンソは、問題があったためにマシンを止めたと主張している。

「確かに、こういうレースをするのは楽なことじゃない。ホイール・トゥ・ホイールの厳しい戦いをすることができないんだからね。厳しい午後だったし、レースでは競争力がなかった」

「ストレートではマシンが遅すぎたため、他のマシンと戦うのは不可能だった。だから、今日はポイントを獲るのは不可能だった。そして最終的に、僕らはエンジンの問題のために止まらなきゃいけなかったんだ」

【関連ニュース】

アロンソの「パワー不足」は、システムの”混乱”が原因!?

アロンソ「これまで以上に僕の市場価値も上がっている」

アロンソ、複数のオファーを認めるも「決断を下すのは9月」

フェルスタッペン「僕のリタイア数はアロンソと競うレベル」

続発するPUトラブルに憤慨するレッドブル「不満を抱いている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース