【F1】ホンダ、ザウバーへのパワーユニット供給契約の白紙化を発表

ホンダはリリースを発表し、2018年シーズンからのザウバーへのパワーユニット供給契約を白紙化することを発表した。

 ホンダはリリースを発表し、2018年シーズンからのザウバーへのパワーユニット供給計画を白紙化することを発表した。

 ホンダはこの理由について、「供給体制を整備する中で双方の目指す方向性に相違が生じたため」と明らかにしている。

 今回の決定について、ホンダのモータースポーツ部の山本雅史部長は、次のようにコメントを発表している。

「ザウバーとは、供給決定までの過程で非常に良い信頼関係を築くことができており、一緒に2018年シーズンを迎えることを楽しみにしていました。しかし、先方の運営体制の変化などに伴い、互いの目指す方向性に相違が生じたため、双方合意の上でパートナーシップ計画の解消を決定しました。これまでの協力に対してザウバーに感謝するとともに、今後の健闘を祈ります」

「今回、このような発表をしなければいけないことは残念ですが、Hondaのモータースポーツへの情熱と、F1に対する強いコミットメントに変化はありません」

【関連ニュース】

松下信治、ハンガリーGP後のテストでザウバーF1を初ドライブ

ザウバー新代表のバスール、ホンダPUへの”対処”が最初の仕事?

ザウバー、カルテンボーン離脱を発表も、ドライバーは平等と反論

マクラーレンがホンダを批判しても「何の関係もない」とザウバー

アロンソ「マクラーレンはPUに関して、早めに決断を下すべき」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース