【F1】ホンダ、シルバーストンに信頼性を改善したMGU-Hを投入

ホンダは今週末のイギリスGPに、信頼性の改善を施した改訂版のMGU-Hを持ち込んでいるようだ。

 今シーズン、ホンダのパワーユニット(PU)はMGU-Hに問題が続発。最近では、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がアゼルバイジャンGPで投入し、オーストリアGPに向けて温存していたた”スペック3”PUのMGU-Hに問題が発生。旧仕様のPUを投入し、レースに挑まざるをえなかった。

 オーストリアでトラブルが発生したMGU-Hは、以前発生していた問題の原因だったベアリング周りに、アゼルバイジャンGPの際に対策が行われたものだった。

 今週、ホンダのさくら研究所で行われた調査の結果、問題の原因が特定され修正が施された。この修正は、ペナルティの対象とならないものだったという。

 結果として、アロンソとストフェル・バンドーンの両方が、シルバーストンで最新仕様のMGU-Hを使用している。

 ホンダのF1プロジェクト責任者、長谷川祐介氏は「ベアリングに機械的な機能不全がありました」と語った。

「ですから、新しいベアリングを導入しました。私たちは、ベアリングの摩耗を避けようとしています」

 今週、アロンソは8基目のMGU-Hを始めとしていくつかのPUコンポーネントを交換しており、イギリスGP決勝を最後尾からスタートすることになっている。

 長谷川氏はその理由を、日曜日のレースを新しいパーツで迎えるためだと語った。

 ホンダは、トラックレイアウト的にマクラーレン・ホンダのマシンがポイント獲得を期待できるハンガリーGPで、グリッドペナルティを受けるのを避けたかったのだ。

 バンドーンは、イギリスGPの予選でQ3に進出。9番手となったが、他車にペナルティがあるため、決勝は8番グリッドからスタートする。

【関連ニュース】

アロンソ、”悪天候”と”混乱”による、好結果を期待

F1イギリスGP予選:ハミルトンが母国で圧巻PP。バンドーン9番手

アロンソ、イギリスGPでの30グリッド降格が正式決定

マクラーレン「アロンソは来年もF1に留まりたいと明確にした」

ザウバー新代表のバスール、ホンダPUへの”対処”が最初の仕事?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース