【F1】ホンダ「次戦、2基のスペック3投入」明言。信頼性の進歩に安堵

ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は、アゼルバイジャンGPで今季初ポイントを獲得できたことで、「安堵している」と語った。

 マクラーレンとホンダの関係は、パワーユニットの信頼性とパフォーマンスの低迷により複雑化し、最近ではますます緊張の度合いを高めていた。

 しかし、アゼルバイジャンGPでは2017年シーズンで初めて2台揃って完走。フェルナンド・アロンソは9位で今季初入賞。ストフェル・バンドーンもポイントまであと1歩と迫る12位に入った。

 アゼルバイジャンGPの結果について尋ねられたホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介は「ポイントを獲ることができて、とてもホッとしました」と語った。

「ドライバーふたりは、サバイバルレースの中で非常に良い仕事をしてくれました。その結果について非常に満足しています。(2台のマシンが完走するのは)とても重要なことです」

「新しいエンジンとMGU-Hを導入していたとしても、(信頼性に関する)重大な懸念を抱くことはありませんでした」

「信頼性に関する開発が進んでいることを、ポイントを獲得することで示すことができ、非常に嬉しく思っています。それはとても良いことです」

 しかし長谷川は、ライバルとのギャップを埋めるためには、まだまだ長い道程があるということを認めている。

「非常にポジティブなことです。しかし、たったひとつのレースだけでは、自信があるとはとても言えません」

 そう長谷川は語る。

「わずか13台のマシンしか完走しませんでした。ですから、パフォーマンスの観点から言えば、”私たちはとても速いわけではない”というのが公平だと思います」

「(アップデートからの)ゲインは、トップランナーを捕らえるにはまだ十分ではありません。しかし、良い進歩を遂げることができました」

「トップランナーに追いつくための大きなアップグレードではないため、マクラーレンはあまり興奮していません。しかし、もちろん彼らも喜んでくれています。我々にとっては、幾らかの進歩があることを示すことが重要なのです」

「とは言え、我々の完全な目標を達成したわけではありません」

”スペック3”をオーストリアに投入

 ホンダは、アゼルバイジャンGPの初日に”スペック3”と呼ばれる新仕様エンジンをアロンソのマシンに投入した。しかし、ギヤボックストラブルに見舞われたこともあり、この日限りでマシンから”スペック3”を降ろし、翌日からは”スペック2”に戻して戦うことになった。

 ホンダは、スペック3のパワーユニットがギヤボックストラブルの影響を受けていないと考えているが、より厳格な調査が、さくらの研究所で今週中に行われることになっている。

 このスペック3のパワーユニットは、バクーの市街地コースで0.2〜0.3秒程度のラップタイム向上効果があったはずだと、ホンダは考えている。

 長谷川は、スペアエンジンの製造が間に合うかどうかは不明だとしながらも、オーストリアで2台のマシンに、スペック3を投入することを目指していると語った。

「ギヤボックス交換があり、少しオーバーレブしてしまいました」

 長谷川はそう説明した。

「問題は見当たりませんでしたが、さくらでもう一度チェックします」

「おそらく大丈夫でしょう。ですから、両方のエンジンにスペック3を導入する予定です」

「もしスペアエンジンがなくとも、他の選択肢はありません。我々は2基のスペック3を走らせなければなりません」

【関連ニュース】

ホンダ長谷川氏「次戦にはスペック3を両方のマシンに投入する」

今季初得点のマクラーレン「別に騒ぎ立てるようなことではない」

ホンダ「新型エンジン"スペック3"は0.3秒速くなっている」

今季初入賞のアロンソ「今日は僕らが勝てたはずのレースだった」

マンスール・オジェ「マクラーレンが今までこれほど競争力がなかったことはない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アゼルバイジャンGP
サーキット バクー市街地
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース