【F1】ホンダ、メルセデスにコンサルタント依頼か。外部の助言を求める

ホンダは現在抱えているトラブルを解決するために、メルセデスに対し救いの手を求め、コンサルタントを依頼することを検討しているようだ。

 シーズン前テストからパワーユニットのトラブルに見舞われ、シーズン序盤の3レースでもその信頼性の低さに苦戦しているホンダ。ホンダは現在抱えているトラブルを解決するために、メルセデスに対し救いの手を求め、コンサルタントを依頼することを検討しているようだ。

 最近、ホンダはメルセデスと協議を開始。そこで、メルセデスの支援を得てパワーユニットを改善するという計画について話し合いがされている模様だ。

 この取引の詳細はまだ明らかにされていないが、ホンダは、主にパワーユニットの電子及びハイブリッド領域に対するコンサルタントをメルセデスに求めている可能性がある。

外部の介入

 メルセデスとの計画は、ホンダが外部からの手助けを得ようと動き始めた中で明るみにでた。他には著名なエンジンコンサルタントであるイルモアとも交渉を行っているようだ。

 ホンダのハイブリッド開発責任者である長谷川祐介氏は、この動きの詳細を明らかにすることを拒んだものの、問題を改善するために努力を惜しまないと主張した。

 彼はmotorsport.comに対し、次のように語った。

「私たちにできることは全て実行しています」

「私たちは外部から得られる情報源を元に、様々な可能性を手繰っています。3月上旬から我々の組織はほぼ一新されました。その動きによって事態は正しい方向に向かうと思われますが、開発に関しては対応が遅すぎました」

「もちろん、パワーユニットの改善には時間がかかるため、簡単にいくものではありません。私たちはいくつかの良い兆候を見つけることができましたが、まだ全体のパッケージの準備が整っていないのです」

 イルモアとの交渉について詳細を訊くと、長谷川氏は次のように語った。

「私たちはコンサルタントやサプライヤーに関する情報を開示していません。しかし、すでに多くの外部のリソースを使用しております」

 長谷川氏はメルセデスとの計画についても言及を避けたが、ホンダはこれまでF1メーカーと協力関係にあった全ての専門家と接触したという。

 また長谷川氏は、ホンダに欠けているものを理解するために、そのような専門家たちの洞察力を重宝していると冗談めかした。

「無論、私たちはメルセデスやフェラーリ、ルノーのようなチームと関わった専門家と接触しています。ある意味では、彼らのアイデアを”スパイ”しているとも言えますね」

 一方、メルセデスに対してホンダとの計画について伺うと、彼らはコメントすることを拒否した。

警戒するレッドブル

 メルセデスの救いの手を求めるホンダに対し、すべてのチームがその動きに賛同しているわけではなく、レッドブルは反対の意を示している。

 彼らの言い分によると、この動きはエンジンの知的財産権の潜在的な転化であり、ライバルのシャシーを使用しているも同然の”悪事”であるという。

 しかし、メルセデスとホンダのこの計画を実行に移すのに他のチームの承認を必ずしも必要とはせず、両当事者が協力関係の締結に合意するのであれば、計画が即時実施される可能性がある。

 火曜日のF1ストラテジーグループ会議では、ホンダの潜在的な実力について話し合われることになるだろう。

 あくまでも、この問題は公式に取り上げられていないと理解されている。

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1】ホンダ、ロシアGPに新MGU-H投入。バーレーンでの問題に対処

【F1】ストラテジーグループ、PU性能均衡のためホンダ救済を計画?

【F1】アロンソ「モナコよりもインディ500の方が良いチャンスになる」

【F1】ザウバー、ホンダとの2018年パワーユニット供給契約間近か?

【F1】ハミルトン「復活したマクラーレンやウイリアムズと戦いたい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース