【F1】ホンダ、来季ザウバーにPU供給。本日午後にも正式発表へ

ホンダ、来季ザウバーにパワーユニットを供給することが決定。本日午後にも正式発表される見通しだ。

 motorsport.comの取材によると、ホンダがザウバーと来季のパワーユニット供給契約を交わしたことが分かった。

 ホンダは2015年のF1復帰以来、パワーユニットをマクラーレンのみに供給し続けてきたが、来季の供給契約について複数のチームと話し合っていることを先日認めた。そして、まずはザウバーとの契約締結に至ったものとみられる。

 トラブルが続出するホンダのパワーユニットには不安の声もあったが、1年落ちのフェラーリエンジンに高額の使用料を支払わなければならないザウバーにとれば、将来的に戦闘力向上が期待されるホンダエンジンを安価で入手する方が有益と判断したと思われる。

 契約期間などの詳細は現時点では不明ながらも、この契約締結については本日午後にも発表される見通しだ。

 ホンダは、2チームのみではなく、複数チームにパワーユニットを供給する可能性について示唆しており、今後さらなる動きがあるかもしれない。またマクラーレンとメルセデスが来季のパワーユニット供給について契約を締結したと、元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンが報じたが、両社共に即座にこれを否定している。

 なおパワーユニットのマニュファクチャラーはFIAに対し、2018年の供給計画を5月6日までに通知することが求められている。

【関連ニュース】

【F1】マクラーレンとメルセデス、”PU供給契約締結済”の報道を否定

【F1】アロンソ「ソチの直線で3秒失っている」とパワー不足を指摘

【F1】FIAのPU分析:ホンダ以外の3メーカーは"0.3秒"以内で争っている

【F1】ホンダ長谷川氏「コンセプトの方向性は正しいはず」

【F1】ホンダ「2018年に向け”複数”のチームと話している」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース