【F1】ホンダ、構造とレイアウト一新のPUでパフォーマンス向上へ

ホンダの2017年用F1エンジンは、構造とレイアウトを一変させ、パフォーマンスとパッケージングの向上に貢献するという。

 ホンダは、新シーズンに向けてパワーユニットの大幅な見直しを行ったようだ。しかし今までは、変更できる範囲が非常に限られており、それを実現することができなかった。

 ホンダはF1に復帰するにあたって、”サイズゼロ”のコンセプトにこだわってきた。しかしパフォーマンスに苦しんだことで、このメリットとデメリットについての議論が、盛んに行われてきた。

 ホンダのパワーユニットの特徴は、タイトにまとめられたパッケージにある。特にV6エンジンのVバンク内にターボとコンプレッサーを収めている点は、特筆すべきだろう。しかしこのレイアウトは、メルセデスがエンジンの一端にコンプレッサーを、逆の一端にタービンを配置するというコンセプトとは対照的なものである。

 金曜日にマクラーレンのウェブサイトに公開されたインタビューで、同チームのテクニカルディレクターであるティム・ゴスは、ホンダのパワーユニットの再設計が完了したことを認めた。そのパワーユニットは、過去2シーズンの教訓に基づいているという。

 今季からはF1のパワーユニット開発に関するトークンシステムが廃止されたため、大幅な変更が可能となっている。そのため、メルセデスが成功させたコンセプトを踏襲することもできる。

 ゴスは次のように述べた。

「過去数シーズン、パワーユニット開発に適用されてきたトークンシステムは廃止された。そのため、2017年はホンダのパワーユニットの構造とレイアウトが変更され、パフォーマンスとパッケージングの要求に応えるのに非常に役立った」

「新しいパワーユニットは、過去2シーズンから学んだ多くのことに基づいている。しかし今シーズンに向け、特別なデザイン変更が行われた」

【関連ニュース】

バンドーン「スーパーフォーミュラは貴重な経験だった」

速くなるF1マシンに対処。オーストラリアGPのコースを一部変更

ホンダ「2016年の進歩には半分しか満足していない」

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-後編

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-前編

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース