【F1】ホンダ「2016年の進歩には半分しか満足していない」

ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介エンジニアは、2016年の進歩について「満足したのは半分だけ」だと語る。

 マクラーレンと組み、2015年からF1に復帰したホンダ。その初年度は非常に苦労したが、2016年シーズンは戦闘力も向上し、入賞を争えるまでになった。しかしまだマクラーレン・ホンダのマシンは、トップクラスを争うにはほど遠い状態だ。

 ホンダのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介エンジニアは、進歩は有望だとしながらも、まだホンダの現在のパフォーマンスには満足できていないと認める。

「半分はハッピーだ。しかしもちろん、我々は現在のポジションに満足などしていない」

 そう長谷川は言う。

「もちろん、我々のスタッフは有望だし、素晴らしい仕事をしてくれた。しかしもちろん、我々は現在のポジションに満足することはできない」

 マクラーレンのチーム代表であるエリック・ブーリエも長谷川の発言を支持。短期間で勝てるようになるためには、チームとして進歩を続ける必要があると語る。

「パフォーマンス面では、我々は短期間で差を縮め、レースに勝ちたいと思っている。長期的ではない」

「いくつかの進歩がある。そして我々は今何をしているのか、そしてどこで勝つべきなのかを知っている。我々は我々が進歩しているのを見ているんだ」

「長谷川サンが言っている通り、我々は明らかに幸せではない。我々は今我々がいる位置に満足していないんだ」

「我々は、ギャップを縮めていることを知っている。そしてたとえレースごとに違いがあったとしても、一般的にはこの数年の傾向は、我々が前方に近づいていることを示している」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評②

ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評①

「政治的問題で情熱が欠如している」と元マクラーレンのラミレス

カピトCEOがマクラーレンF1を離脱へ。就任からわずか4カ月

マクラーレンの前後ウイングの進化をビデオで解説。来季用の”開発”モデルも

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ , ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース