【F1】ホンダ、2017年F1パワーユニットの新コンセプトはハイリスク?

27,043 見る

ホンダF1総責任者の長谷川祐介は、ホンダの2017年パワーユニットの新コンセプトで非常に高いリスクを抱えていることを認めた。

 ホンダは、2017年のF1パワーユニットにこれまでとは違う新しいコンセプトを採用しているとみられているが、ホンダF1総責任者の長谷川祐介は、コンセプトは非常に高いリスクを抱えていると語った。

 ホンダが2015年にF1に復帰した際のパワーユニットのコンセプト、”サイズ・ゼロ”は失敗に終わったと考えられている。ホンダは2016年には大きく改善を果たしたが、ライバルのメルセデス、フェラーリ、ルノーには未だ遅れを取っているとみられる。

 マクラーレンのテクニカルディレクターであるティム・ゴスは今月、ホンダがパワーユニットの再設計を完了したと語っていた。2017年、トークンシステムが廃止されたことにより、抜本的な再設計が可能になったのだ。

 ライバルとの差を埋めようとしているホンダは、次世代のパワーユニットにリスクを負っていると、長谷川は語った。

「コンセプトは全く違います」と彼はAutosportに語った。

「それは非常にハイリスクですし、新しいコンセプトについて未知のことも多くあります」

「パフォーマンスにはアドバンテージがありますが、そのポテンシャルを発揮できるかどうか、今年のリスクでもあります」

 このパワーユニットは過去2シーズンの経験を活かし、パフォーマンスとパッケージングを向上させようと、レイアウトと構造を一新したものになるとみられる。

 長谷川によると、ホンダは依然として内燃機関(ICE)に開発の重点を置いているが、パワーユニットの他の部分の進歩も同時に求められているという。

「今年はICEに集中する必要があります」と彼は語った。

「エンジンそのものを改善できれば、排気ガスのエネルギーが増えることを意味します。同時に、同じレベルでデプロイメント(エネルギー回生)を維持するために、タービンの改善が必要になります」

「まだいくつかテストをする必要がありますし、試行錯誤を繰り返すことになるでしょう。私たちが取り組んでいる方向性と、要素の理解が進むことを願っています」

「しかし、ICEの改善を実現するための要素を、完全に組み合わせることは簡単な仕事ではありません」

マクラーレンが公開したホンダの2017年パワーユニットのサウンド

 

【関連ニュース】

【F1分析】ホンダの”サイズゼロ”コンセプトが抱えていた問題点

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【F1】ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評①

【F1】ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評②

【スーパーフォーミュラ】熱効率を上げた新エンジンHR-417Eとは?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース