【F1】ボッタスの契約延長は「ビーチで熟考する」とウルフ

メルセデスのトト・ウルフは、バルテリ・ボッタスの契約延長について「頭を悩ます必要はない」と語るが、契約を結ぶのは急がないという。

 今季からメルセデスに加入したバルテリ・ボッタスは、ロシアとオーストリアで勝利を収め、バクーとイギリスでは2位を”拾う”などタイトル争いに加わってきており、チームも昨年王者のニコ・ロズベルグの代役としては十分な存在だと認識している。

 しかし、ボッタスのメルセデスとの契約は、今年1年限り。そして夏休み前にその契約が更新される可能性はないという。

 ボッタスの契約延長について頭を悩ませているのかと尋ねられた、メルセデスのエクゼクティブ・ディレクターであるトト・ウルフは、次のように答えた。

「彼はほとんど頭を悩ます必要のない活躍をしてくれている。だから私は、一緒にパズルを埋めたいと思っているし、それは2018年のことだけじゃない。しかし、そこには考えなければならない問題もある」

「2019年と2020年に何が起きるのか、そしてどんなリスクとチャンスがあるのか、その将来を見据えることになると思う。次のブタペストが良いレースになるといいね。そしてその後、チームにとって何が正しくて、何が正しくないのかを、私はビーチで熟考するつもりだ」

 一方のボッタスは、将来についてはまだ議論していないと語る。

「何らかの発表は契約をする前に、まずはしっかりと話をする必要があると思う」

 そうボッタスは語った。

「シーズンも半分が過ぎたし、まもなく8月の休みもやってくる。普通なら、話し合いがスタートするはずだ」

「今後数週間は、何かを聞くつもりはない。前にも言ったように、僕の主な目標は、チームと長い関係を持つことだ。それが僕が求めているモノなんだ」

「僕らはもう数週間待ち、物事がどのように進んでいくのかを見なければならないだろう」

【関連ニュース】

メルセデス、イギリスGP”制圧”にも油断せず「慢心はしたくない」

ベッテル「予選パフォーマンスの向上で、勢力図を変えられる」

ハミルトン「フェラーリのバースト後、僕もペースを落とした」

メルセデス「ハミルトンのイベント欠席への批判は、彼への侮辱」

ボッタス「タイトル争いのことはまだ考えてもいない」と語る

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース