【F1】ボッタス「ハミルトンと僕は、チームを助ける良いペアになる」

メルセデスへの移籍が発表されたバルテリ・ボッタスは、新しいチームメイトであるルイス・ハミルトンと良い関係を築く自信があるようだ。

 メルセデスは、バルテリ・ボッタスがチームに加わることを発表した。ボッタスは、世界チャンピオンを獲得した直後に引退を発表したニコ・ロズベルグの後任を務めることになる。

 ここ数シーズン、ロズベルグとチームメイトのルイス・ハミルトンの間には、しばしば問題が生じ、ふたりの関係性は緊迫状態だった。新しいチームメイトとなるボッタスは、ハミルトンと良好な関係を築けるのだろうか?

 月曜日、メルセデスのブラックリーにあるファクトリーのスタッフに訊いたところ、ボッタスはハミルトンと良い関係を築くことができるだろうと語っており、このペアは十分チームに貢献していけると感じているようだ。

「僕にとって、F1で最大のチャンスがある年になるだろう」とボッタスは語った。

「僕はウイリアムズで9回表彰台に上がったが、まだ優勝をしていないので、それが僕の最初のミッションになる。そして、そこからさらに先へ進んで行く」

「ルイスとのペアは、強力なものになると僕は思う。僕は、ドライバーとしても人としても彼を本当に尊敬している。彼はとても速いし、彼がどれだけ速いのかはみんな知っている。僕にとっても、彼は大いに参考になる」

「僕たちの仲は良好だと思っているし、お互いに切磋琢磨していけると思う。またチームとして共に取り組んでいけると確信しているし、共にチームに貢献していけると思う。僕たちは全力で頑張る。今後がどうなるか見てみよう」

 すでにボッタスはウイリアムズと2017年の契約を締結していたため、メルセデスへの加入は時間がかかった。しかし彼は、シーズンが始まるまでに準備を整えるのには十分時間が残されていると語った。

「本格的に働き始めるのが待ち遠しい」

「すべての事柄を整理するためには、まだ十分な時間が残っている。新たに出会う人がたくさんいるが、彼らと一生懸命取り組み、マシンから全てを引き出すことができるように努力する」

「僕の目標は、最初のレースからマシンのポテンシャルを全て引き出し、可能な限り多くのポイントを取ることだ」

「チームが素晴らしいマシンを作ると信じているので、今シーズンが良いものになることを願っている。僕は必ず全力を尽くす。この機会を与えてくれて、トト(ウルフ/メルセデスチーム代表)とメルセデスのみんな、ダイムラーの役員に厚く感謝したい」

「僕はこの機会を逃さない。できることは何でもやるし、僕はそれが良いと信じている」

【関連ニュース】

メルセデス、ボッタス加入を発表。ウイリアムズとザウバーに感謝

マッサF1引退を撤回。ボッタスに代わりウイリアムズに残留

ウェーレインのザウバー入りが正式発表

引退後のロズベルグ、メルセデス親善大使に就任

【F1分析】ロズベルグの後任、ボッタス起用でも問題点は山積み

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース