【F1】ボッタス「予選のアドバンテージだけに”頼る”ことはできない」

メルセデスのボッタスは、チームがレースでのパフォーマンスを改善しなければ、フェラーリに逆転される可能性があると語った。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、予選だけでフェラーリを打ち倒すことはできず、メルセデスはレースでのパフォーマンスを改善する必要があると強調した。

 今年、メルセデスは1ラップでのペースで、フェラーリを全体的に上回っている。しかし、決勝ではフェラーリは様々なコンディションに対応し柔軟な戦略を採ることができ、メルセデスは時にタイヤの扱いに苦しんでいた。

「ここ(バルセロナ)では、言うまでもなく予選がかなり重要になる。だけど、僕たちは予選だけに頼ることはできない」と、ボッタスは語った。

「長いレースだし、もし僕たちのペースが足りなければ、フェラーリは戦略で僕たちを倒すチャンスを得られるだろう。オーバーテイクは難しいが、彼らに逆転される可能性はある」

「だから、僕たちはすべてのタイヤコンパウンドでマシンをセットアップすることに取り組んでいる。僕たちのマシンには、まだ改善の余地が多くあると思うから」

「僕たちはまだ今年の予選ペースでの優位性も失いたくはないので、最善を尽くしていく」

 ハミルトンが苦戦する一方で、ロシアGPで初勝利を挙げたボッタスは、ソチでチームメイトを上回った理由を理解していると語った。

「確かに、僕はソチではいつも快適に感じているが、それだけではなかった。僕はトラックに関係なく、自分自分のパフォーマンスという点で、今年これまでで最高の週末だったと感じていた」

「僕は、ロシアでの週末を細かく振り返った。上手くできたことや、もっと上手くできると思ったこと、そこで違いが生まれた理由を理解し、そこから良い勢いを維持しようとしている」

【関連ニュース】

【F1】スペインGP FP3:ライコネン首位。アロンソ復活の10番手

【F1】マッサ「勝ち続けなければ、ボッタスは"No.2"になってしまう」

【F1】ハミルトン「メルセデスとフェラーリは、未だ0.1秒以内にいる」

【F1】フェラーリ「メルセデスには脱帽。ライバルたちから学んでいく」

【F1】自信深めたレッドブル。リカルド「あと少しでフェラーリに…」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース