【F1】ボッタス「他のサーキットならオーバーテイクが増えるかも」

メルセデスのバルテリ・ボッタスとフェラーリのキミ・ライコネンは、今季マシンのオーバーテイクの難易度について語った。

 2017年F1開幕戦オーストラリアGPでは、オーバーテイクがほとんど見られなかった。しかし、アルバート・パーク・サーキットは、もとよりオーバーテイクするのに困難なサーキットでもある。つまり他のサーキットでもオーバーテイクが減少するとは、現時点では断言することはできない。

 特に次戦の中国GPは長いストレートがあるため、全く違ったレース展開になるとメルセデスのバルテリ・ボッタスは考えている。motorsport.comは、オーストラリアGPでのオーバーテイクの回数の少なさに対して、どのような懸念点があるか彼に訊ねた。

「実際、(オーバーテイクは)少し困難なものになっているとは思うが、それはトラックによると思う」とボッタスは答えた。

「長いストレートのあるサーキットなら良いレースになるだろう。今日のマシンはスリップストリームに大きな影響を及ぼしているし、DRSの効果もリヤウイングの拡大と共に大きくなった」

「いくつかのサーキットなら、良いレースになる。例えば、バルセロナなどのサーキットはオーバーテイクが困難なものになる。もう少しいろんなところでレースしてみて、様子を見たほうがいい。ただ、今回のオーストラリアでは、昨年よりも明らかにオーバーテイクが難しくなったと思う」

規則の欠点

 今季導入されたレギュレーションの影響で、マシンのダウンフォースが増したため、多くの人々がオーバーテイクの回数が減少すると危惧していた。またボッタスも、その予想が的中してしまったことを残念に感じているという。

「似たような特性を持つマシンで、同じタイヤを装着している時、オーストラリアのようなサーキットでオーバーテイクするのはとても難しい」

「新しいマシンでは、マシンの間隔が2秒内になるとかなりの量のグリップ(ダウンフォース)を失うため、ついていくことも難しい。だから実際にオーバーテイクするためには、ペースに大きな差がないと困難だ。僕はそれを少し残念に思うよ」

 フェラーリのキミ・ライコネンも、ボッタスと同じようにオーバーテイクが難しくなったと認めたものの、条件さえ合えば不可能なことではないと考えている。

「周回遅れのマシンを抜くのは、より楽になったと言うべきだろう」とライコネン。

「確かに、チーム間での大きな違いがあるだろう。しかし、トップチームや上位のクルマが相手であれば、オーバーテイクは決して簡単ではない」

「それにこのマシンで、まだ1レースしかやっていないし、このサーキットは少し特殊だ。他のサーキットならもっと楽にオーバーテイクすることができるところもあるだろうし、より難しくなる所もあるだろう。今後のレースを見て見ない限りわからない」

「しかしそれでも、オーバーテイクのしやすさは、ピットインのタイミングやコンパウンドの違いや、そのマシンのスピードによると思う」

【関連ニュース】

【F1】2017年F1はやはりオーバーテイク減少? ドライバーたちが示唆

【F1ブラジルGP】猛追を見せたフェルスタッペン。「タイヤギャンブルは必要だった」

【F1】ジャン・トッド「追い抜き減少は史上最速F1の”代償”かも…」

【F1】エリクソン「新マシンの”素晴らしい”追い抜きが見られるはず」

【F1】ハミルトン追い抜き減少を確信。「”素晴らしいレース”諦めて」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット アルバートパーク・サーキット
ドライバー キミ ライコネン , バルテリ ボッタス
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース