【F1】ボッタス、初日にハミルトンから0.5秒差も「心配していない」

フリー走行でハミルトンに0.5秒の差をつけられてしまったボッタスだが、これを心配していないという。

 オーストラリアGPの初日、バルテリ・ボッタス(メルセデス)はチームメイトのルイス・ハミルトンとの差を「大きな差」だと認めたが、これを心配していないと話した。

 今シーズンからメルセデスのマシンをドライブするボッタスは、オーストラリアGPの初日を、チームメイトのハミルトンから約0.5秒遅れのタイムで終えた。

 走行を終えたボッタスは、「大きな差だ」と認めた。

「でも心配していない。今日は金曜日のフリー走行だし、僕にとってはこのチームで迎える初めてのレースウィークだ」

「仕事に取り組む時間はあるし、明日には今いる位置から前進できるだろう」

 ボッタスは、フリー走行2回目でウルトラソフトタイヤを履いて走行していた際に黄旗が掲示され、走行が妨げられてしまった。それでも彼は、予選に向けて1周のペースに取り組まなければならないと話した。

「ショートランや予選ペースに関しては、今晩のうちに取り組まなければいけない。ロングランにはとても満足しているし、ペースも良さそうだ」

「今晩は懸命に仕事をするつもりだ。そうすればラップタイムの改善につながるだろう」

 ハミルトンは、合同テストからオーストラリアGPまでの間にマシンを改善できたと話しており、ボッタスもこれに同意した。しかし両者とも、フェラーリに対する脅威はまだあるという。

「実際、フェラーリはとても良さそうだ。彼らが何をどれくらい隠しているのかわからないけど、今週末、彼らが一番の脅威になるだろう」

「僕たちは彼らのことがわかっているわけではない。僕らはとても優位な立場にいるけど、自分たちが最速だなんて思ってはいない」

【関連ニュース】

【F1分析】開幕戦FP2:好調なメルセデス。台風の目はトロロッソ?

【F1】メルセデス「初日のハミルトンは本当に素晴らしかった」

【F1】ザウバー、ウェーレインの欠場を決定「体力面に不安」

【F1】ベッテル「今朝はトラブルがあった。でも十分に改善できる」

【F1コメントライブ】F1オーストラリアGP予選は25日15時スタート!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース