【F1】ボッタス、2基目のPUに水漏れ。予選&決勝は元のPU使用

ボッタスは、2基目のPUに水漏れが見つかったため、予選と決勝は開幕4レースで使用したものを使うことになった。

 ボッタスは、金曜日のフリー走行で2基目のパワーユニットを使用していた。このパワーユニットは、信頼性の面で改善がなされていた。

 しかし金曜日の夜に電気系の欠陥が見つかり、その修復に取り掛かるため、メルセデスは今年初めて夜間作業を行った。

 土曜日のフリー走行では、修復の終わったパワーユニットを再度マシンに搭載したものの、今度はわずかな水漏れが見つかり、予選と決勝では開幕4レースで使用したパワーユニットを再度使用することをチームは決めた。

 パワーユニットを元のものに戻すという決断により、ボッタスはFP3の終盤までコースに出ることができなかった。なお、最終的には残り時間8分の所でコースインし、4番手タイムをマークした。

 水漏れが見つかったパワーユニットは修復されたのち、今後のレースで使用されることになる。

【関連ニュース】

【F1】スペインGP FP3:ライコネン首位。アロンソ復活の10番手

【F1】ボッタス「予選のアドバンテージだけに”頼る”ことはできない」

【F1】マッサ「勝ち続けなければ、ボッタスはNo.2になってしまう」

【F1】ハミルトン「メルセデスとフェラーリは、未だ0.1秒以内にいる」

【F1】フェラーリ「メルセデスには脱帽。ライバルたちから学んでいく」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース