【F1】マクラーレンのザック・ブラウン「バーニーの後継は大仕事」

マクラーレンのザック・ブラウンは、これまでのバーニー・エクレストンの貢献に敬意を表しつつ、リバティ・メディア施策に期待を寄せる。

 マクラーレン・テクノロジー・グループのエクゼクティブ・ディレクターを務めるザック・ブラウンは、F1の新オーナーであるリバティ・メディアに対し、新しい方向性、特にファンとの繋がりの観点から、F1を発展させることを期待していると語った。

「バーニー・エクレストンの半世紀にもわたる多大な貢献なしに、F1は国際的にも有力なスポーツになることはできなかっただろう」

 そうブラウンは語る。

「彼が成し遂げたように、グローバルなスポーツを構築することに対して大きな影響を及ぼした人物は、他には思いつかない」

「バーニーの後を継ぐのは非常に難しいことだろう。しかし、彼は素晴らしい飛躍となるモノを生み出した。チェイス・キャリーとリバティ・メディアは、F1を前進させ、それをさらに大きく、そしてより良くすることができるだろう」

「我々マクラーレンは、彼らの手助けをしたいと思う。我々はすでにリバティ・メディアの代表と素晴らしい関係を構築している。そして、彼らとより密接に仕事をするのを楽しみにしている」

「『より大きく、より良い』というのは、一体どういうことなんだろうか? 私はそれは彼らの企業名である”リバティ(自由)”と”メディア”という言葉にあると思う。今後数十年にわたり、F1がより自由で、ファンにとって身近な存在になることを期待している。そして、新しい世代の熱狂的なファンを、デジタル、SNS、ゲームなどを積極的に利用して獲得することを期待している」

「リバティ・メディアがファンと関わり密にするのは間違いないことだ」

「しかし申し上げたように、今日はバーニー・エクレストンと呼ばれる先見的な起業家に敬意を表したいと思う。そして彼に感謝を申し上げたい」

【関連ニュース】

リバティ・メディア、F1買収完了。エクレストンは”名誉会長”に

バーニー・エクレストン、F1のCEOを退任。本人が認める

フェラーリの”特別な”分配金廃止? リバティ・メディアが示唆

世界モータースポーツ評議会、リバティのF1買収を承認

リバティメディアの株主総会開催。F1買収を承認

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Bernie Ecclestone , Zak Brown
記事タイプ 速報ニュース