【F1】マクラーレンがホンダを批判しても「何の関係もない」とザウバー

ザウバーのチーム代表は、マクラーレンのホンダ批判を認知しているが、来季の提携に対する決定が揺らぐことはないと主張した。

 カナダGPの前夜、マクラーレンはホンダの成長不信に対する不満を爆発させた。マクラーレンのエクゼクティブディレクターであるザク・ブラウンは、両者間の関係性について「限界が近付いている」と主張している。

 またブラウンは、マクラーレンとホンダのパートナーシップを早期に終了させ、2018年からパワーユニット供給源をメルセデスかルノーに切り替えるという可能性もほのめかしている。

 一方、ザウバーは来季からホンダと提携し、ホンダのパワーユニットを搭載することが決定している。ザウバーのチーム代表であるモニシャ・カルテンボーンは、ブラウンのホンダに対する批判発言に対し認知しているものの、来季の提携に対する決定が揺らぐことはなく、再検討する余地はないと主張した。

 ブラウンの発言についてカルテンボーンに訊くと「我々はそのような状況にありません。自分自身の意見を持っています」と答えた。

「ホンダと我々は、共にプロジェクトを進行させていくつもりです。現状では、我々にそれを懸念する余地はありません。我々はホンダと共に歩んでいけることを確信しています」

「彼らは十分な人材や設備を所有しており、少なくとも我々にはまだ時間が残されています。今回のレースで何が起こるのかすら、誰にもわかりません。そもそも2018年の最初のテストで何が起こるのかを、どのように予測できるというのでしょうか」

 ホンダがザウバーと契約を締結した理由のひとつとして、マイレージを増加させることが挙げられる。マクラーレンとザウバーの2チームで稼働することで走行距離を稼ぎ、データ収集量を倍増させるのだ。

 マクラーレンとホンダの関係が終了するとしたら、そのメリットは失われる。しかしマクラーレンとホンダの関係がどのような結末を迎えようとも、ザウバーとホンダの契約になんの影響を及ぼさないであろうと彼女は主張している。

「我々はどちらでも良いのです。我々にとって本当に関係のない出来事ですから」

「彼らは別々でプロジェクトを進めています。そこで何か共同開発か、そのようなものが起こることはありません」

「その関係は、現在フェラーリと提携しているハースと我々が築いている関係と同じです。ホンダに他の提携先があろうがなかろうが、我々に何の影響も及ぼしません」

「我々がホンダと契約したことで、ホンダのユーザーは2チームになります。我々はそのうちのひとつなのです」

「ホンダの視点からすれば、より多くの走行距離を得られるのでメリットになるでしょう。より多くのデータを入手することができれば、より良い開発に役立てることができます」

【関連ニュース】

マクラーレン「ホンダはアプローチを変更する必要がある」

アロンソのトラブルはPUの油圧漏れ「金曜は無駄になった」

マクラーレン、インディカーへのフル参戦は”数年後”

アロンソ、9月までに勝てれば「僕は残留する」と発言

マクラーレン、ホンダとの関係を”懸念”「限界に近い」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン , ザウバー
記事タイプ 速報ニュース