F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

【F1】マクラーレン代表「予期せぬフェラーリの勢力に驚かされた」

マクラーレンは、思いも寄らず良いペースを発揮しているフェラーリに驚かされたと語っている。

【F1】マクラーレン代表「予期せぬフェラーリの勢力に驚かされた」
Eric Boullier, McLaren Racing Director
Eric Boullier, McLaren Racing Director
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Kimi Raikkonen, Ferrari SV70H

 メルセデスは、ペースセッターとして近年のF1の頂点に君臨してきた。しかしバルセロナでのシーズン前テストでは、フェラーリが良いペースを発揮しており、キミ・ライコネンは2日目のトップタイムを記録している。その力強いペースは、失望的な2016年を過ごしたフェラーリの復活を感じさせる。

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは、テスト開始からホンダのパワーユニットのトラブルに頭を抱えている。しかしその最中でも、フェラーリの勢力は目を見張るものであると主張している。

 フェラーリのパフォーマンスを見たブーリエは「我々よりも少し速いかもしれない」と唸った。

「燃料レベルがどれほどなのか、それにエンジンのパワーカーブがどれほど変更されているのか、判断するのはかなり難しい」

「しかし個人的な意見では、フェラーリには驚かされた。多くの人はフェラーリがメルセデスとほぼ同じラップタイムになろうとは考えていなかっただろう。レッドブルは少し後ろにいるが、燃料レベルがわからないため、なんともいえない」

「誰もが秘策を持っていて、誰もが計画を立て直しただろう。チーム間でも、誰が何をしているのか探り合っていた。それを知るのは簡単なことではない」

「来週のテストでは、各チームのパフォーマンスがもう少し明らかになってくるだろう。しかし、本当の勢力図を見るためには、開幕戦のオーストラリアまで待たなければならない」

 【関連ニュース】

【F1】ホンダPUトラブルを謝罪「ふたりのドライバーに申し訳ない」

【F1】アロンソ72周を走破「マシンは良い感触。貴重な1日だった」

【F1】合同テスト3日目総合:アロンソ、トラブルフリー。ボッタス首位

【F1】フェラーリとメルセデスは大接戦!? ハース代表が期待

【F1】2017年F1はやはりオーバーテイク減少? ドライバーたちが示唆

シェア
コメント
【F1】合同テスト4日目総合:跳ね馬の好調続きライコネンが首位

前の記事

【F1】合同テスト4日目総合:跳ね馬の好調続きライコネンが首位

次の記事

【F1】新ウエットタイヤに満足のドライバー達。テスト手法には不満も

【F1】新ウエットタイヤに満足のドライバー達。テスト手法には不満も
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ , マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble