【F1】マクラーレン長年在籍のチームマネージャー、ウイリアムズ移籍

長年マクラーレンのチームマネージャーを務めていたデイブ・レディングは、チームを離脱し、ウイリアムズに移籍することがわかった。

 デイブ・レディングは、17年間マクラーレンのチームマネージャーを務めていたが、チームを離脱しウイリアムズに移籍することがわかった。

 彼の役割は、チーフメカニックのポール・ジェームスが引き継ぐことになる。レース運営の責任者であるアンドレア・ステラも、チームマネージャーの仕事の一部だったFIA関係の仕事を担当するようだ。

「デビッド・レディングがマクラーレンを離れることを認める」と、マクラーレンのスポークスマンはmotorsport.comに語った。

「彼の後任はポール・ジェームスが務める。ポールはチームマネージャーとなり、管理や運営といった役割に集中していくことになる」

「我々のレース運営の責任者であるアンドレア・ステラが、チームマネージャーの担当だったスポーツ面の責任及びFIA関係の仕事を一部請け負うことになる」

「カリー・ラムンランタが、ポールの後任として新しいチーフ・レースメカニックに就任する予定だ」

【関連ニュース】

【F1】マクラーレン、CEOカピトの離脱を正式発表

【F1】マクラーレン、”MP4”の使用を終了。新車名は”MCL32”

【F1フォトギャラリー】マクラーレン”MP4”シリーズを振り返る

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【F1】ロン・デニス、マクラーレンCEOを解任されるも「間違った判断だ」と反論

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン , ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース