【F1】マクラーレン「アロンソは来年もF1に留まりたいと明確にした」

マクラーレンは、フェルナンド・アロンソが来年もF1に留まる可能性は"大いにある"と明らかにした。

 マクラーレンのエグゼクティブ・ディレクターを務めるザク・ブラウンは、来年フェルナンド・アロンソが他のカテゴリーに転向することなく、F1に出場する可能性は"かなり高い"と話した。

 アロンソは来年の契約を結んでいないが、レッドブルやフェラーリ、メルセデスといったチームのシートを確保する現実的なチャンスはなく、マクラーレン以外で競争力のあるシートを獲得する可能性は限られている。

 このような状況の中で、アロンソは2019年にトップチームのシートへ復帰するまで、来年は1年間のサバティカル(休養)を取ったり、あるいはインディカーへ転向するのではないかという話も聞こえてきている。

 しかしマクラーレンのエグゼクティブ・ディレクターであるブラウンは、金曜日の夜にアロンソと夕食をとったところ、彼が2018年もF1に留まろうとしていると考えている。

「フェルナンドと素晴らしいディナーをしてきた。彼は会計までしてくれたよ」とブラウンは話した。

「我々はよく理解しあっているし、彼はマクラーレンの環境を大切に思っている」

「ストフェルも、ルーキーとしては難しい環境にいるが、同様に良い仕事をしている。私も、ドライバーのことを最優先にできるこの環境が好きだ」

 マクラーレンは、F1での状況が順調だったとしても、2018年にアロンソのためにインディカープログラムを遂行することを考えているのか、と尋ねられたブラウンは、こう答えた。

「彼はインディカーが大好きだと思う。絶対にインディカーに戻りたいだろうし、時間が許せばインディ500にも出たいんだろう。でも、彼は来年もF1に留まりたいということをとてもはっきりとさせている」

「来年インディカーに出場するチャンスは、あまりなさそうだ。いつか出場する機会というのは、おそらくありそうなものだが」

 アロンソが来年もF1に留まる可能性については、「その可能性はとても高い」と話した。

ホンダとの契約は?

 ブラウンは、マクラーレンが下さなければならないカギとなる決断は、エンジンに関してどうするのかということであり、彼らのパートナーシップを継続するのかについて話しているという。

「ホンダとの関係性は続いているし、個人的なレベルでは良好だと思う。しかし周知のとおり、そして全員が認めているように、来年はもっと競争力のあるパワープラントが必要だ。我々はこういう話をしている」

「どうすれば来年はより競争力を持つことができるのかと、話し合いを続けている」

 ザウバーとホンダの契約は不確かなものであると言われている。それによってマクラーレンの決断も複雑になるのか、という質問には、ブラウンは以下のように答えた。

「そうはならない。ザウバーが契約するのか、あるいはしないのか、ということが我々に影響を及ぼすことはない」

「我々は我々のニーズに集中している。他のチームの見通しが変わることに心配はしていない」

【関連ニュース】

イギリスFP3:ベッテル抑えハミルトン首位。後半はウェットに

アロンソ、追加のPU交換で30グリッド降格ペナルティへ

アロンソ、ロンドンF1イベントに感銘「今度も開催して欲しい」

ブリアトーレ「アロンソ残留にはマクラーレンの”改革”が必要だ」

フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース