【F1】マクラーレン、アロンソ離脱を危惧「良いマシンを与えなければ」

マクラーレンは、競争力のあるマシンを与えなければ、フェルナンド・アロンソがチームを離れる可能性があることを認めた。

 厳しいオフシーズンを過ごしたマクラーレンは、開幕まで時間との戦いを強いられている。ホンダ製パワーユニットの信頼性に足を引っ張られる格好で、合同テストで十分な走行距離を稼ぐことができず、予定通りのプログラムを消化できなかったからだ。

 フェルナンド・アロンソは、ホンダが挽回し、シーズン中にパフォーマンスをアップさせてくることを信じている。しかし、テストでの状況を見る限りでは、短期間で解決するのは難しい可能性が高い。

 アロンソはマクラーレンと2年契約を結んでおり、今年がその2年目にあたる。マクラーレンは、現在の状況が続き、アロンソの不満が高まった場合には、彼が今季限りでチームを去る可能性があることを認める。

 レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、アロンソを満足させることが、必要不可欠であると語る。

「これについては非常に多くの話がある」

 ブーリエはスペインの新聞のインタビューでそう答え、結果が伴わなければアロンソがチームに残ることはないだろうと語った。

「我々が彼に正直であるのと同様に、彼もまた、我々に対して正直だと思う。彼は最初、ニューマシンはどんなものか、見たがったんだ。そして、レギュレーションがどうなったかについてもね。彼は新しいF1を気に入っていると思う。彼は世間に誇ることができる才能を持っているから、競争力を得たいと思っているだ」

「彼を満足させ続けるためには、我々が競争力をつけることが必要だ。我々に強いパフォーマンスがあれば、彼は満足するだろう。しかし、そうでなければ、彼は判断を下すだろう……」

 ブーリエは、すでにアロンソと、来年についての話を始めていたという。しかし、チームに留まるかどうか、その検討は進展していないという。

「まだ時期尚早だ」

 そうブーリエは言う。

「しかし、もちろん我々は話をしたよ」

 アロンソは2006年を最後に、チャンピオン獲得から遠ざかっている。しかしブーリエは、アロンソは依然としてグリッド上で最高のドライバーであるということに、疑いの余地はないと語る。

 なぜアロンソが最高だと言えるのか? ブーリエに尋ねると、彼は次のように答えた。

「多くのチームが、その情報を求めていることは知っている。だから、あまり多くの情報を与えたくない。しかし、彼は最高だ」

「それに疑いの余地はない。彼は最高以上だ。これまで示されてきたようにね」

【関連ニュース】

【F1テスト分析】ホンダの総走行距離1978km。メルセデスは12479km

【F1】アロンソ、新タイヤには好感触「望み通りのドライブができる」

【F1】マクラーレン厳しすぎるオフテスト。最後は電気系トラブルが襲う

【F1】アデレード市議会、F1開催の復活に向けて州政府に検討要求

【F1】サーティース追悼、ホンダRA300が青山に展示中

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース