【F1】ホンダ、バンドーンに”スペック3.6”を投入予定

マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンは、ベルギーGPにアップデートしたパワーユニットを投入することになった。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンは、ベルギーGPでアップデートしたパワーユニットを使うことになった。

 日本のさくらとイギリス・ミルトンキーンズのファクトリーで行われた開発により、今回投入される新しいアップデート版のパワーユニットによって、出力が向上することが期待されている。

 今回のアップデートはICE(内燃機関)を変更することなく、別の新しいパーツを装着するという形になるようで、グリッド降格ペナルティを受けずに済むとみられている。

 しかしバンドーンは新しいICEに交換する予定にあり、6つ全てのコンポーネントを交換すれば、最大35グリッド降格ペナルティを受けることになる。

 ホンダが”スペック3.6”と呼称するバントーンのために用意された新しいICEは、主に信頼性の向上が図られているようだ。

 一方のアロンソは戦略を分け、スパでペナルティを受けないためにもアップデートしたICEを導入しない予定だ。よってアロンソは、”スペック3.5”でスパに挑むことになる。

 アロンソがアップデートされたICEに交換するタイミングは、その必要性が出てくる時まで見送られるようだ。

 ホンダF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏は次のように語っている。

「フェルナンドとストフェルは、アップデートしたパワーユニットを走らせることになります」

「残念なことでありますが、ストフェルは母国戦でグリットペナルティを受けることになるでしょう。しかし、それでも準備ができればすぐにアップデートを導入することが先決であると考えました」

「さらなるアップデートをすぐに導入することができたのは、かなりポジティブです。今シーズンの残り期間も、引き続きアップデートを図っていくつもりです」

 現在ホンダは積極的な開発計画に着手しており、いくつかのアップデートが残りシーズンでも計画されているという。

 準備が整い次第、アップデートを導入するという姿勢ではあるが、シンガポールGPのようなパッケージ的に有利になりやすいグランプリでは、ペナルティを避けるような戦略を採っていくようだ。

【関連ニュース】

ホンダ、ベルギーGPにアップグレード版PUを持ち込む

ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本モータースポーツ部長に訊く

優勝50周年記念。ホンダRA300、イタリアGPでデモ走行。福住がドライブ

F1後半開幕戦ベルギーGP。DAZNの配信スケジュール発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース