【F1】マクラーレン・ホンダ、BP/カストロールとの提携を発表

マクラーレンはBP/カストロールと技術提携したことを発表。BP/カストロールを採用するのは、ルノーに続き2チーム目となる。

 マクラーレンは、BP/カストロールと技術提携したことを発表した。

 チームのリリースによれば、ホンダエンジン用にBPの潤滑油を受け、さらにはチームが使うヤマザキマザックの工作機器及び車体テスト用リグにカストロールの高性能潤滑油とグリースを使うという。

 マクラーレン・テクノロジー・グループのCOOであるジョナサン・ニールは、次のように語る。

「マクラーレンとBP及びカストロールというブランド同士の合意は、いずれも長年の経験があり、手がけるすべての分野で革新を果たすことについて高い評価を得ている」

「マクラーレン・ホンダは、カストロールが特注の高度な潤滑油技術を提供するための、世界的なプラットフォームを提供する」

 また、マクラーレン・オートモーティブも、生産する市販車用に潤滑油と燃料の提供をカストロールから受けるという。

「マクラーレン・オートモーティブとカストロールのパートナーシップは、最高レベルのパフォーマンスを提供し、スポーツカー及びスーパーカーのエンジン効率を向上させるという、我々の”旅”の重要なステップである」

 そう語るのは、マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フレウィットである。

「カストロールが提供する潤滑油は、既存のクルマの効率を上げるだけではなく、次世代のエンジンの進化にも影響を及ぼすだろう」

 マクラーレン・ホンダは昨年までモービルから燃料と潤滑油の供給を受けていた。しかしその契約は切れ、モービルは今年からレッドブルと行動を共にすることを決めた。またBP/カストロールは、ルノーとも潤滑油及び燃料の供給契約を締結している。

【関連ニュース】

【F1】マクラーレン、新マシン”MCL32”に「チーム再編の影響はない」

【F1】マクラーレン、ファンとの交流を図る新コンテンツを発表

【F1】マクラーレン、CEOカピトの離脱を正式発表

【F1】バンドーン「昨年のF1は、SFと比べて”正常”じゃなかった」

【F1】マクラーレン、”MP4”の使用を終了。新車名は”MCL32”

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース