【F1】マクラーレン・ホンダMCL32、アロンソの手で初走行

マクラーレン・ホンダのニューマシンMCL32は、日曜日の朝、バルセロナで初走行を行った。

 金曜日にマクラーレンの本拠地であるウォーキングで公開されたマクラーレン・ホンダMCL32は、スペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで、地元のヒーローであるフェルナンド・アロンソの手によってシェイクダウンが行われた。

 これで、この後発表される予定のレッドブルのRB13と、フォースインディアのVJM10の2台のみが、まだ走行を行っていないということになる。

 同地での合同テストは、27日月曜日から行われる予定だ。

【関連ニュース】

【F1】マクラーレン・ホンダ、新たな歴史刻む新マシン『MCL32』発表

【F1】マクラーレン「メルセデスは最も印象的。Tウイングは評価中」

【F1】アロンソ「長い休暇を楽しんだ。あとは勝利のために情熱を注ぐ」

【F1】ホンダ「昨年のメルセデスに、開幕までには追いつく」

【F1】ルノー&ハース、フィルミングデーで新車初走行を完了

【F1】ギャラリー:マクラーレン・ホンダMCL32ディティール

 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース