【F1】マクラーレン、メルセデスにエンジン供給の可能性を打診か?

厳しいオフシーズンを過ごしたマクラーレンは、ホンダとの決別が適当だと判断した場合、メルセデスのPUを使えるよう、打診を行ったという。

 信頼のおける情報筋によれば、マクラーレンはメルセデスに対し、カスタマーパワーユニットの供給を受けることができるかどうか、予備的な問い合わせを行ったという。

 マクラーレンはこのオフシーズン、非常に厳しいテスト期間を過ごした。その最大の要因は、ホンダの新しいパワーユニットの信頼性が低く、パワーも劣っていたということにある。しかしマクラーレンは、ホンダとの関係を維持するために様々な努力をしてきた。

 ホンダは信頼性の問題を解決できるとし、その後出力問題も解決すると主張している。しかしマクラーレンは、現状のまま維持するほどの余裕がないことを理解している。もし、パワーユニットが改善されなければ、マクラーレンはグリッド上で最も遅いマシンとなり、その上レースを走り切るのにも苦労する可能性があるのだ。

 この危惧が現実のモノとなってしまえば、チャンピオンシップの順位に応じて支払われる収入に大きな打撃を受けるだけでなく、2018年に向けたスポンサー獲得にも、大きな影響を及ぼしてしまう可能性がある。

 バルセロナのテスト以降、パワーユニットの問題解決を進めるべく、ホンダのエンジンプログラムを改善するために、何度もミーティングが持たれた。しかし、マクラーレンは代替策を講じる可能性を排除していない。

 その方法のひとつは、本来ならマノーに供給されるはずだった、メルセデス製パワーユニットを獲得するということだ。もしホンダに改善の兆しがなかった場合は、早ければ今季後半にも、その準備が整う可能性がある。

 ある情報源によれば、マクラーレンとメルセデスは、パートナーシップの締結に向けた予備的な会合を持ったという。そして、その可能性は否定されなかったようだ。

 マクラーレンはメルセデスに関する憶測について、説明することを拒んでいる、しかし、すべての可能性が検討されていることは確実だ。

「ホンダと共に、我々は幾つかの可能性を検討している。しかし、メディアの憶測については、コメントしない」

 そうマクラーレンの広報担当者は語った。

 しかしメルセデスとの交渉を進めるならば、マクラーレンはホンダとの契約を解除しなければならない。それは、容易ではないだろう。

 マクラーレンとホンダは長期にわたる契約を結んでおり、ホンダはF1プログラムを立て直すことに全力を尽くしているとみられるからだ。両者の状況は、ホンダがマクラーレンからの要求に対応し、問題を改善することができるかどうかに依存するだろう。

 マクラーレンとホンダのパートナーシップは、今年が3年目である。彼らがメルセデスへの回帰を躊躇うのは、カスタマーエンジンでタイトルを獲るのは不可能だと信じていたからに他ならない。

 しかし今週初め、レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、マクラーレンがメルセデスのパワーユニットを搭載していれば、「そうだ。我々は再び勝つことができるだろう」とスペインのAS紙に対して語っている。

 【関連ニュース】

【F1テスト分析】ホンダの総走行距離1978km。メルセデスより10000km以上劣る

【F1】マクラーレン、アロンソ離脱を危惧「良いマシンを与えなければ」

【F1】ホンダ長谷川氏「理想的な状況ではないが、多くを学んでいる」

【F1】ホンダ、テスト2日目に新PU投入「重要なデータを得られた」

【F1】ハッキネン、マクラーレン復帰。”パートナー大使”の任務を担う

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース