【F1】マクラーレン、実車発表を前に『MCL32』スペックを公開

マクラーレンは、実車発表を前にニューマシン『MCL32』のスペック表を公開した。

 マクラーレンは、24日予定されている実車の発表を前に、ニューマシン『MCL32』のスペックを発表した。新車発表は日本時間20時頃からスタート。インターネット配信も行われる予定だ。

<シャーシ/サスペンション>
シャーシ:カーボンファイバー・コンポジット
フロントサスペンション:インボードトーションバー&ダンパーシステム作動カーボンファイバー・ウィッシュボーン&プッシュロッドサスペンション
リヤサスペンション:インボードトーションバーとダンパーシステム作動カーボンファイバー・ウイッシュボーン&プルロッドサスペンション
エレクトロニクス:マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製(シャーシ&PU制御、データ取集&解析、センサー、遠隔測定装置など)
ダッシュボード:マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製
オイル&潤滑剤:カストロール
ステアリング:パワーアシスト・ラック&ピニオン型
ラジオ:ケンウッド
塗装:シッケンズ(Sikkens)製(AkzoNobel Car Refinishes systemを採用)

<ブレーキ/タイヤ>
キャリパー&マスターシリンダー:アケボノ製
ディスク&パッド:カーボン
リヤブレーキコントロールシステム:アケボノ製ブレーキバイワイヤ
タイヤ:ピレリ
ホイール:エンケイ

<マシン寸法>
重量:728 kg(ドライバー含む。燃料含まず)
ウェイトディストリビューション:45.3%〜46.3%

<パワーユニット>
タイプ:ホンダRA617H
最小重量:145kg
パワーユニットコンポーネント:ICE(内燃エンジン)、MGU-K、MGU-H、ES(エナジーストア/バッテリー)、ターボチャージャー、コントロール・エレクトロニクス

<エンジン>
排気量:1.6L
シリンダー:6
バンク角:90°
バルブ数:24
最高回転数:15,000rpm
最大燃料流量:100kg/毎時(10,500rpm時)
燃料搭載量:105kg(FIAによる制限値)
燃料噴射システム:直噴、1シリンダーにつき1つの燃料噴射システム、最大500bar
過給:ステージコンプレッサー&エキゾーストタービン、共通シャフト
燃料・潤滑油:BP カストロール

<エネルギー回生システム>
構造:モータージェネレータユニットを使用したハイブリッドエネルギー回生、クランクシャフト結合MGU-K、ターボチャージャー結合MGU-H
エナジーストア:リチウムイオンバッテリー(20〜25kg)、最大エネルギー貯蔵量4MJ/Lap
MGU-K:最大回転数50,000rpm、最大出力120kW、最大エネルギー回収量2MJ/Lap、最大エネルギー使用量4MJ/Lap
MGU-H:最大回転数125,000rpm、出力&回収量&使用量無制限

<トランスミッション>
ギヤボックス:カーボンファイバーコンポジットメインケース、縦置
ギヤレシオ:前進8速+後進
ギヤ選択:電気制御油圧式シームレスシフト
デファレンシャル:マルチプレート式スリップクラッチ付きエピサイクリックデファレンシャル
クラッチ:電気制御油圧式カーボンマルチプレート
潤滑油:カストロール

【関連ニュース】

【F1】LIVE中継:マクラーレンのニューマシンMCL32発表会

【F1】オレンジはマクラーレンだけの特権? 歴代の"オレンジ"特集

【F1】マクラーレン、新マシン”MCL32”に「チーム再編の影響はない」

【F1フォトギャラリー】マクラーレン”MP4”シリーズを振り返る

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【F1】ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース