【F1】マクラーレン、拠点近くのウォーキングでのレース開催を”提案”

マクラーレンは拠点としているウォーキングのストリートで、『ウォーキングGP』を開催することをジョークで提案した。

 ハンガリーGPを終えF1は夏休みに入っているが、マクラーレンは”馬鹿げた野心的な提案”として、イギリス・ウォーキングがF1で最も華やかで象徴的なレースの開催地であるモナコやシンガポールの仲間入りをすることができるという、”ジョーク”を発表した。

 この計画には、4.85kmのコースに18のコーナーが設定された”ウォーキング・インターナショナル・サーキット”なるストリートサーキットの提案も含まれている。

 マクラーレン・テクノロジー・グループのCOO、ジョナサン・ニールは「なぜ、ウォーキングの路上でF1をやってはいけないんだ?」と述べた。

「インフラの整備や路面の再舗装、何マイルにも渡ってガードレールを設置したり、グランドスタンドの建設やレース開催権料の支払い、FIAからの承認や彼らとの契約などなど……必要になる莫大な社会的及び財政的な責任を”除けば”、我々の計画に何も支障はない」

 マクラーレンは、このサーキットで予想されるトップスピードは195mph(約314km/h)だと予想しているが、それは”先頭グループのマシンなら”だと自虐的なコメントを付け加えている。

 マクラーレンのエグゼクティブディレクターであるザク・ブラウンは、1998年にミカ・ハッキネンが初めてワールドチャンピオンになった際に、ウォーキングをF1で走ったことを思い起こさせると語った。

「ウォーキング周辺のストリートを、マクラーレンのF1マシンで初めて”レース”したのはミカだった。1998年のことだ」

「そのイベントが火を灯した夢を、我々がアイデアに変換した。我々の拠点のすぐ目の前で、F1世界選手権を開催するというアイデアへとね」

「我々のエンジニア、メカニックやストラテジストは皆、このトラックを実際に走っている。そこで住んでいるんだから。他のチームよりも、我々は一歩先んじていると言えるだろう!」

「彼らはトラックのすべてのバンプやうねりを知っているし、ラッシュアワーの時の抜け道やスタートラインの周囲5マイルにある、テイクアウトができるまともなレストランも網羅しているんだ」

「それは、お金で買えないアドバンテージになるだろう……」

 提案されたサーキットレイアウトは、”曲がりくねった道や複数車線の道などを、最大限に活用”して考案されたとのことで、マクラーレンの以前のファクトリーを2つ通過するルートになっている。

 またマクラーレンの計画には、ウォーキングとベージングストークを繋ぐ運河に浮かべたボートの上にパドックを設営し、ジャーナリストはメディアセンターの代わりに地元のカフェやレストラン、ショッピングセンターのWifiスポットから作業を行わなければならないなどのアイデアも含まれている。

【関連ニュース】

シルバーストン、F1開催契約を途中破棄。新オーナーと再契約へ

FIA、ブエノスアイレスのサーキットを非公式訪問。施設を確認

【F1:ハロにまつわる疑問4】マシンが逆さまになった時の影響は?

ウルフ&ブラウン「V8への回帰ではなく、興奮できるエンジンを」

ホンダ、コンセプト一新という挑戦を過小評価していたと認める

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース