【F1】マクラーレン「新車MCL32のために、旧マシンの弱点を理解した」

シェア
コメント
【F1】マクラーレン「新車MCL32のために、旧マシンの弱点を理解した」
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2017/02/26 7:09

マクラーレンは、ニューマシンMCL32の初期パフォーマンスを向上するため、昨年型マシンの弱点の理解に取り組んでいたと語った。

Race drivers Stoffel Vandoorne and Fernando Alonso on stage at the launch of the McLaren MCL32
Fernando Alonso, McLaren, inspects the cockpit of the MCL32
Fernando Alonso, McLaren, sits on a front wheel of the MCL32, alongside Zak Brown, Executive Director of McLaren Technology Group, and Yusuke Hasegawa, Senior Managing Officer, Honda
McLaren MP4-31 Honda in the garage
Fernando Alonso, McLaren MP4-31
Yusuke Hasegawa, Senior Managing Officer, Honda, Zak Brown, Executive Director of McLaren Technology Group, Eric Boullier, Racing Director, McLaren, and presenter Simon Lazenby toast the McLaren MCL32

 エンジニアリングディレクターのマット・モリスは、マクラーレンはニューマシンMCL32の初期パフォーマンスを向上するため、昨年型マシンMP4-31の弱点(中速コーナー及び高速コーナーでのパフォーマンス不足など)の理解に取り組んでいたと語った。

「昨シーズン、我々はマシンの弱点を理解しようと多くの作業をした」とモリスは語った。

「我々がマシンに多くの計測器をつけていたのを見ただろう。金曜日のフリー走行で多くのテストを行い、マシンの理解を深めようとしていた」

「今年のマシン設計も並行していたため、リソースを分割することになり、我々にとって大きな決断だったのは間違いない。しかし、ニューマシンに精力を注ぐ前に、マシンの弱点を理解しておくのは重要なことだったのだ」

「我々は、昨年型マシンの弱点を理解するという目標を達成できたと考えており、それを今年のマシンにうまく活かせたことを願っている」

 モリスは、ニューマシンMCL32が、チームにとっての新しいスタートを象徴していると考えている。

「私は、新しいマクラーレンに興奮している。私は、新しいカラーリングをまとったマシンが、新しいメンバーが加入した新しいチームを象徴していると感じ、本当にエキサイティングに感じている」

「エンジニアリングの観点から見ても、我々はマシンに多くの変化を加えている。今は、我々は本当に素晴らしいマシンを生む出すことができたと感じている。だから、マシンをコース上に送りだし、テストを行うのがとても楽しみだ」

【関連ニュース】

【F1】ホンダ「昨年のメルセデスに、開幕までには追いつく」

【F1】マクラーレン・ホンダ、新たな歴史刻む新マシン『MCL32』発表

【F1】マクラーレン、実車発表を前に『MCL32』スペックを公開

【F1】ホンダ、2017年F1パワーユニットの新コンセプトはハイリスク?

【F1】ギャラリー:マクラーレン・ホンダMCL32ディティール

次の F1 ニュース
【F1】ルノー&ハース、フィルミングデーで新車初走行を完了

前の記事

【F1】ルノー&ハース、フィルミングデーで新車初走行を完了

次の記事

【F1】打倒メルセデス最有力、レッドブルがニューマシンRB13を発表

【F1】打倒メルセデス最有力、レッドブルがニューマシンRB13を発表
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント McLaren MCL32 launch
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース