【F1】マクラーレン、2018年からの共通センサー入札に勝利

マクラーレン・アプライド・テクノロジーズが、2018〜2020年シーズンのF1エンジンの圧力及び温度センサーのサプライヤー入札に勝利した。

 F1のコスト削減の一環として、FIAは一連のセンサーを標準化することを決定。昨年の7月よりこのサプライヤーが募られ、マクラーレンのテクノロジー部門がこれを落札した。

 このようなセンサーがワンメイク化されるのはF1では初めてのこと。その大役を、2008年から共通ECU(エンジン・コントロール・ユニット)を供給してきたマクラーレン・アプライド・テクノロジーズが担うことになった。

 同社のモータースポーツディレクターであるロビ・バッソは、次のように語る。

「マクラーレン・アプライド・テクノロジーズは、2018年から2020年のF1世界選手権において、エンジンの圧力及び温度センサーを供給するサプライヤーとして、FIAに選ばれたことを嬉しく思っている」

「我々の使命は、他に類を見ないサービスを提供し、世界最高水準のレースチームとシリーズが成長を続けることを保証し、そして世界中のファンを楽しませることだ」

【関連ニュース】

マクラーレンCEO「アロンソは世界最高。バンドーンは”本物”」

エクレストン、F1に対抗する新シリーズ立ち上げの噂を一蹴

F1新経営陣、予算制限の導入を検討。マクラーレンは支持

ブラウン「”シンプル化”は、『新時代のF1』にとって重要だ」

マクラーレンのザック・ブラウン「バーニーの後継は大仕事」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース