F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

【F1】マクラーレン、2018年からの共通センサー入札に勝利

マクラーレン・アプライド・テクノロジーズが、2018〜2020年シーズンのF1エンジンの圧力及び温度センサーのサプライヤー入札に勝利した。

【F1】マクラーレン、2018年からの共通センサー入札に勝利

 F1のコスト削減の一環として、FIAは一連のセンサーを標準化することを決定。昨年の7月よりこのサプライヤーが募られ、マクラーレンのテクノロジー部門がこれを落札した。

 このようなセンサーがワンメイク化されるのはF1では初めてのこと。その大役を、2008年から共通ECU(エンジン・コントロール・ユニット)を供給してきたマクラーレン・アプライド・テクノロジーズが担うことになった。

 同社のモータースポーツディレクターであるロビ・バッソは、次のように語る。

「マクラーレン・アプライド・テクノロジーズは、2018年から2020年のF1世界選手権において、エンジンの圧力及び温度センサーを供給するサプライヤーとして、FIAに選ばれたことを嬉しく思っている」

「我々の使命は、他に類を見ないサービスを提供し、世界最高水準のレースチームとシリーズが成長を続けることを保証し、そして世界中のファンを楽しませることだ」

【関連ニュース】

マクラーレンCEO「アロンソは世界最高。バンドーンは”本物”」

エクレストン、F1に対抗する新シリーズ立ち上げの噂を一蹴

F1新経営陣、予算制限の導入を検討。マクラーレンは支持

ブラウン「”シンプル化”は、『新時代のF1』にとって重要だ」

マクラーレンのザック・ブラウン「バーニーの後継は大仕事」

シェア
コメント
【F1】フォースインディア「オコンがメルセデスの育成でも問題ない」

前の記事

【F1】フォースインディア「オコンがメルセデスの育成でも問題ない」

次の記事

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble