【F1】マクラーレン、”MP4”の使用を終了。新車名は”MCL32”

マクラーレンはこれまでの伝統を破り、2017年マシンから”MP4”の名を冠することをやめるという。

 マクラーレンは、今月下旬に発表される予定の2017年用マシンの名が、MCL32と名付けられたことを明らかにした。

 

「2017年には全てが変わる。そして、我々のクルマの名前も変わる。我々は、マクラーレン・ホンダMCL32を用意する」

 この動きは、長年チームを率いてきたロン・デニスがチームを去ったこと、そして新たなエクゼクティブ・チェアマンにザク・ブラウンが就任したことに起因している。

 デニスが在籍していた間、マクラーレンのマシンは「マールボロ・プロジェクト4」の略号である”MP4”という3文字が必ず冠されていた。

 デニスはマクラーレンに加わるまで、”プロジェクト4・レーシング”を率いていた。しかしマクラーレンと合併、メインスポンサーにタバコメーカーの”マールボロ”が付いた1981年以降は、一貫してMP4の名が使われていた。その最初のマシンは、1981年のアルゼンチンGPでジョン・ワトソンがドライブしたもので、その名も”MP4”。そして、昨年のマシンであるMP4-31までこの伝統が続いていた。

 今年のマクラーレンは、そのシャシー名称がMCLに変更されるだけでなく、カラーリングも大きく変わると言われている。一説には、マクラーレンの元々のイメージカラーである、パパイヤオレンジが含まれるという。

【関連ニュース】

【F1】バンドーン「アロンソに勝つことだけ集中するのは間違い」

【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

【F1】マクラーレンCEO「アロンソは世界最高。バンドーンは”本物”」

【F1】ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

【F1】ホンダ、大阪オートメッセにマクラーレンMP4-31を展示

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース