【F1】マグヌッセン「今年のチームメイトはバトンより速いかも」

ケビン・マグヌッセンは、今年のチームメイトであるロマン・グロージャンは、ジェンソン・バトンよりも速いかもしれないと語る。

 ケビン・マグヌッセンは、昨年限りでルノーを離脱し、今季からハースF1チームに加入。アゼルバイジャンGPの7位をはじめ、今季ここまで3レースでポイントを獲得している。その結果マグヌッセンは、チームメイトのロマン・グロージャンよりも1ポイント多く獲得することとなり、ランキング13位につけている。

 マグヌッセンは今シーズン序盤、予選パフォーマンスに苦労していた。しかしそれも徐々に改善。過去5レースのうち3レースでグロージャンを上回った。ただマグヌッセンはまだQ3進出を達成していないものの、グロージャンは今季これまで3レースで予選トップ10入りを果たしている。

 マグヌッセンは、グロージャンのアタックラップの速さに、感銘を受けているという。彼は2014年にマクラーレンでF1デビューを果たした際にチームメイトだったジェンソン・バトンよりも、グロージャンの方が速いかもしれないと考えている。そして、その速さが自身の速さを磨くのを手助けしていると語る。

「彼は僕が欲しいモノをすべて持っている」

 そうマグヌッセンは語る。

「素晴らしいスピードだ。だから僕は、彼と比較して学ぶことができる。彼には経験もある」

「僕にとってとても良いチームメイトだ。おそらく、ジェンソンよりも速いかもしれない。しかし、ジェンソンはとても安定していた」

 ハースに移籍したマグヌッセンは、現在のチームの方がマクラーレンやルノーよりも”健康的”な環境だと語る。そして隣のガレージに、実績のあるドライバーがいることから、利益を得ていると感じている。

「チームメイトと比較して自身の力を示し、自分自身を証明するしかない」

 そうマグヌッセンは付け加えた。

「実績のあるチームメイトがいた方がいい。そして彼は評判が良く、非常に速いことも知られている。だから、彼(グロージャン)がいるのはとてもいいことだ」

【関連ニュース】

グロージャン「ブレーキの問題には、”対処”するしかない」

グロージャン、ネガティブな無線を放送されるのは「うんざり」

元マクラーレンのマグヌッセン「バンドーンは厳しい立場にある」

ハースに大満足のマグヌッセン「前にいたチームより健全な環境」

ハース代表「ダブル入賞はラッキーじゃない。チームの成長だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン , ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース