【F1】マグヌッセン「F1チームからネガティブな指摘は一度もない」

ハースに移籍したケビン・マグヌッセンは、これまでF1チームからネガティブな指摘を受けたことはないが、新チームに心地よさを感じている。

 昨年、ルノーのシートを得てF1復帰を果たしたケビン・マグヌッセンは、わずか1年限りで今年からハースに移籍することになった。

 そのマグヌッセンについて、ルノーのマネージング・ディレクターであるシリル・アビテブール曰く、規律とコミットメントに欠けていたという。これは、アビテブールが最近フランスのメディアに対して語ったものだ。

 この発言についてマグヌッセンは、疑問を呈している。

「そういうことを以前にも聞いたことがあるが、チームから出されたものでは決してない」

 そうマグヌッセンは語る。

「時には不運なこともある。ひとりの男が、何かを報道陣に語る。そして、その発言がチームの公式見解のようになってしまうこともあるんだ」

「しかし、それはひとりの人物が言っているだけのことだ。僕は真剣には考えていない」

 マグヌッセンは2014年にマクラーレンで1年を過ごしたが、ジェンソン・バトンとのシート争いに敗れ、翌年はマクラーレンのリザーブドライバーとして1年を過ごした。

 その後、スポンサーシップの問題でチーム残留を逃したパストール・マルドナドの代役として、2016年シーズンをルノーのレギュラードライバーとして戦った。そのルノーにも、マグヌッセンは1年限りの在籍となった。そしてルノーはジョリオン・パーマーの2017年チームメイトとして、ニコ・ヒュルケンベルグを起用した。

 マクラーレンとルノーでのキャリアがなぜうまくいかなかったのかと訊かれたマグヌッセンは、「不運だった」と語った。

「僕は不運だったんだ。ルノーではただうまくいかず、僕らは分かれることになった」

「僕は今、より良い状況にいるから、楽しみにしているんだ」

「マクラーレンでは、僕はチームに残りたいと思っていた。チームも、僕と仕事を続けたいと思っていたんだ。しかし、政治的な理由から、レギュラーシートを掴むことができなかった」

「それはここで起きたこととは、異なる状況だ」

「僕はハースに加わりたいと思っていたし、ハースも僕を欲しがってくれた。それが起こったことだ」

「(ルノーとマクラーレンに)何かをするつもりなんて何もない。これがF1だし、厳しいビジネスだ。こういうことが起きたことについて、悪い気持ちはまったくない」

複数年契約は”大きなモチベーション”

 マグヌッセンは、ハースに複数年契約で加入した。そしてチームオーナーのジーン・ハースとチーム代表のギュンター・シュタイナーの信念を、非常に心地よく感じているという。

「ちょっと違う感じだ。このチームは僕を求め、そして僕と契約した。なぜなら、彼らは僕が必要なモノを提供できると思っているからだ」

 そうマグヌッセンは語る。

「それはモチベーションになり、そのモチベーションに秘密などない。そして、シーズンが始まるのが待ちきれない」

「僕はマクラーレンと長いこと一緒に仕事をしてきた。マクラーレンは、すごく早い段階で僕を選んだ」

「彼らはまた、素晴らしい約束を示してくれた」

「昨年のルノーとは、非常に遅い契約締結だった。彼らはスポンサーの問題で、ドライバーを失ってしまったからだ。それが、僕がそこで働いた理由だった」

「これ(ハース)は全く別の話だ。僕は再び、真の意味でのレースに戻る。課題はコマーシャル面ではなく、パフォーマンスなんだ」

【関連ニュース】

鈴鹿、日本GPチケット3月12日から発売。シート幅拡大で快適に

メルセデス、ボッタス”移籍”の対価としてウイリアムズに経済支援

コクピット保護システム「エアロスクリーン案は死んでいない」

ウイリアムズ、マッサへの復帰打診は”悪いこと”だと思っていた

マクラーレン、2017年マシンは伝統的なオレンジ色か?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース