F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

【F1】マッサ、ストロールに助言「一度完走できれば、自信を持てる」

マッサは、まだレースを完走できていないストロールには、時間を与えることが必要だと話した。

【F1】マッサ、ストロールに助言「一度完走できれば、自信を持てる」
Felipe Massa, Williams, with Lance Stroll, Williams
Lance Stroll, Williams FW40, Carlos Sainz Jr., Toro Rosso STR12, collide and retire
Lance Stroll, Williams FW40, climbs out of his damaged car after a collision with Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso
Felipe Massa, Williams FW40
Felipe Massa, Williams FW40
Felipe Massa, Williams FW40
Lance Stroll, Williams, talks to the media
Lance Stroll, Williams

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、チームメイトのランス・ストロールがまだレースを一度も完走できたいないことについて、一度フィニッシュすることができれば、そこから自信を持てるだろうと語った。

 ストロールは、開幕以来まだ一度もレースを完走できておらず、ここまでの3レース全てでリタイアしている。

 開幕戦オーストラリアGPではメカニカルトラブルでリタイアし、第2戦中国GPではオープニングラップでセルジオ・ペレス(フォースインディア)と接触してグラベルには捕まってしまった。そして前戦バーレーンGPでは、カルロス・サインツJr.(トロロッソ)とクラッシュし、リタイアとなった。

 またストロールは、これまでの3レースでわずか52周しか走行できておらず、全ドライバーの中で最も周回数が少ない。

 チームメイトのマッサは、シーズンの良いスタートを切るためには、トラブルのない週末を送ることがカギになると考えている。

 ストロールに何か話すことはあるのかと尋ねられたマッサは、「気持ちを高く持ち続け、メディアに構わず、自分たちは正しいことをしているのだと信じること」だと話した。

「一度レースを完走すれば、彼は自信を持ち始めるだろう。そこがスタートだ」

「彼は望んでいたようなスタートを切れていない。最初のレースではブレーキに問題があった。中国とバーレーンで起きたことについては、彼のミスじゃない」

「中国では、チェコ(ペレスの愛称)は彼の後ろにいたから、ストロールは彼のことが見えなかった。誰がチェコを避けることができたと思う? 誰もそんなことできない。バーレーンでの接触は、彼に責任はない。彼には時間を与えることが必要だ」

「僕が言ってきたように、彼が問題なく週末を過ごすことが重要だ」

 またマッサは、現在コンストラクターズランキング5位のウイリアムズが4位を狙うチャンスがあるのなら、チームはストロールにポイント獲得を求めると語った。

「これは簡単なことではないし、今後も難しいだろう。というのも、他のチームはドライバーがふたりそろってポイントを獲得しているが、ウイリアムズは僕しかポイントを獲れていないからだ」

「一度レースを走りきることができれば、ランスはそこから改善し、ポイントを獲れるようになるだろう。僕は戦っているし、チームも4位を争えるだろう」

 また一度もレースを完走できていないストロールだが、彼はシーズンの流れを変えるために、自身のアプローチを変える必要性を感じてはいないと話した。

「常に良い週末を送ることを望んでいる。でも違うやり方を採用するタイミングだとは考えていない」

 そうストロールは語った。

「これまでと同じアプローチ、同じ仕事の仕方で自分たちの仕事をするだけだ。僕たちの方に"テーブルが回ってくる"と信じている」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1】3連続リタイアのストロールに対し「しかし学習している」とロウ

【F1】ストロール「3連続リタイアを思い悩んでいてもしょうがない」

【F1】ストロール「僕を批判する人は、僕のことを妬んでいる」

【F1】マッサのコラム:トップチームに”迷惑”をかけるチャンスがある!

【F1】マッサ、フェルスタッペンの”ブラジル人差別発言”に大人の対応

シェア
コメント
【F1】ソチのターン2に縁石を追加。オーバーランを阻止

前の記事

【F1】ソチのターン2に縁石を追加。オーバーランを阻止

次の記事

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ , ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
執筆者 Pablo Elizalde