【F1】マッサ、ダブルイエロー時の減速不足で5グリッドペナルティ

フェリペ・マッサは、ダブルイエローフラッグの際に十分に減速しなかったとして、ペナルティを課された。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、フリー走行3回目でダブルイエローフラッグが掲示されていた時に減速しなかったため、5グリッド降格のペナルティを科された。またペナルティポイントも3ポイント加算された。

 マッサは、フリー走行3回目でダブルイエローフラッグが掲示されていた際に減速をしなかったと報告されていた。マッサ自身とウイリアムズのスタッフが確認したところ、その証拠が見つかったため、スチュワードはマッサへの処罰を決めた。

 この決定により、『マッサやスタッフがビデオ/テレメトリーの証拠を確認した結果、ダブルイエローフラッグが掲示されていた区間において、マッサが減速しようとしている姿勢が見受けられなかったことが示されていた』と認められたことになる。

 なおこのベルギーGPでは、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)の65グリッド降格、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンの両者もギヤボックス交換による5グリッド降格が決まっているため、マッサがペナルティを受けても、それほど苦労することはないだろうとみられている。

【関連ニュース】

F1ベルギーGP 予選詳報:ハミルトン68回目のPP。ベッテル0.2秒差

マッサ、FP1でのクラッシュを解説「体調不良とは関係ない」

マッサ、FP1でのクラッシュによりシャシーを交換

ベルギー予選よりラディオンでのトラックカットを厳重処罰

バンドーン、さらなるエンジン交換で65グリッド降格決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェリペ マッサ
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース