F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

【F1】マッサ、フェルスタッペンの口撃にお説教「君の過ちだ」

ウイリアムズのフェリペ・マッサは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の発言に対し、注意を促した。

【F1】マッサ、フェルスタッペンの口撃にお説教「君の過ちだ」
Max Verstappen, Red Bull Racing, climbs out of his car after retiring

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の発言に対し、注意を促した。

 バーレーンGP予選の後、フェルスタッペンはマッサに怒りを覚えていた。彼は最終コーナーの手前で突然現れたマッサのせいで、アタックタイムが台無しになったと感じていたのだ。

 予選の後、フェルスタッペンはその怒りに任せ、「まあ、彼はブラジル人だしね……話すことはほとんどないよ」と冗談とも取れるような発言をした。その発言はブラジル人の怒りを買い、フェルスタッペンはブラジル人のファンやドライバーから批難された。

 日曜日の夜、マッサはブラジルのラジオ局UOL Esporteに対し、次のように語った。

「今日僕は、彼に『言動には気をつけるんだ。年末にはブラジルGPが控えていて、君はそこでレースすることになるんだから。自分の発言についてよく考えるんだ』と注意した」

「何も脈絡なくブラジル人を貶すような発言をするのは、間違いなく正しいとは言えない」

「彼は自分がどんな発言をしたのかわからないんだろう。だって僕は彼を邪魔してなんかいない」

「でも彼はチームメイトに負けた理由が欲しかったんだろう……責任転嫁する相手が欲しかったんだ」

「続けて彼にこう言ったんだ。『同じことが(ニコ・)ヒュルケンベルグと僕の間で起きたんだけど、どちらも不満を漏らすことはなかっただろう?』とね。どんなドライバーもアタックラップを行う前に、できるだけ良いポジションを自分で探さなければならないんだ。今回はそれができていなかったのだから、彼自身の過ちだよ」

Additional reporting by Oleg Karpov and Gabriel Carvalho

【関連ニュース】

【F1】フェルスタッペン、マッサへの口撃についてブラジル人に謝罪

【F1】フェルスタッペン「急にマッサが飛び込んできた。最終周は台無し」

【F1】ペレス激怒。トランプ当選を茶化したスポンサーとの契約を破棄「母国を馬鹿にさせない!」

【F1】バーレーンGPから”学ぶ”5つのこと

シェア
コメント
【F1】フェルスタッペン、マッサへの口撃についてブラジル人に謝罪

前の記事

【F1】フェルスタッペン、マッサへの口撃についてブラジル人に謝罪

次の記事

【F1】アロンソの決断にグロージャン「モナコを欠場するなんて……」

【F1】アロンソの決断にグロージャン「モナコを欠場するなんて……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ , ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble