【F1】マッサ、体調不良を訴え病院へ。FP3後に再検査も

フェリペ・マッサは、ハンガリーGP初日に体調不良を訴え病院に直行。問題はなかったが、FP3後に再検査を行うという。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、ハンガリーGPのフリー走行後に体調不良を訴え、病院で検査を受けた。ウイルスの罹患した可能性もあったが、問題はなかったという。

 マッサにとってハンガリーGPの初日は厳しいものになった。2度のスピンを喫し、フリー走行2回目はチームメイトのランス・ストロールよりも後ろの15番手だった。

 その後マッサは、マシンを降りた際に気分が優れずめまいを感じ、セッション後のメディア対応をキャンセル。サーキット内のメディカルセンターへ向かった。

 そこでメディカルチームは、さらなる検査のため、マッサをブダペストにあるMH EK Honvedkorhaz病院に向かわせるという決定を下した。

 しかしマッサに深刻な問題は見つからなかった。マッサは土曜日の朝にもFIAのメディカルチーム代表による検査を受けたが、その検査もパスし、フリー走行3回目へ出走することも可能になった。

 今後は、今週末を最後まで過ごせるかどうかを確認するため、FP3の後にもチェックを受けることになっている。

 万が一マッサがレースに出場できなかった場合、リザーブドライバーのポール・ディ・レスタが代役を務める可能性が高い。ディ・レスタは、Sky TVの仕事でハンガロリンクを訪れている。

【関連ニュース】

ハンガリーFP3:レコード連発の”跳ね馬”、ベッテル首位で1-2

「バランスが十分ではない」大接戦を予期するメルセデスのふたり

ベッテル「ライバルたちがフェラーリに不満を持つのは良いこと」

ハースが過ごした”過酷”な金曜日。「負の連鎖にハマって惨め」

ザウバー新代表「フェラーリとの契約の方が良い選択だと感じた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー フェリペ マッサ , Paul di Resta
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース