【F1】マノー、救済措置交渉は合意せず。今季エントリー正式に取り下げ

マノーは、今年のF1参戦のための救済措置を取りまとめることができず、正式にエントリーを取り下げた。

 すでにチーム解散が報じられたマノーF1チームは、今年のF1参戦に向けて投資家らと交渉を継続していた。しかし合意には至らず、マノーは正式に2017年のF1へのエントリーを取り消した。

 マノーF1チームを運営するジャスト・レーシング・サービスは、今年の初めに管財人の管理下に入っており、2017年シーズンの公式エントリーを行っていたマノーのF1参戦は絶望視されていた。

 ここ数週間は、世界耐久選手権(WEC)に参戦しているマノーチームとも繋がりを持っている中国の投資家らが、もう一度マノーF1チームをF1に参戦させるために救済措置を取ろうとしていたという噂もあったが、結局はそれも失敗に終わったようだ。

 またマノーのチームオーナーであるステファン・フィッツパトリックはFIAに対し、今シーズンのエントリーを正式に取り下げることを申し出たとされている。

 なおマノーがエントリーを取り下げたため、マノーを買収してF1に参戦することを考えていた団体は、今後は完全に新しいチームとして申請する必要がある。この申請には費用と時間がかかる。

 このエントリー取り下げに伴い、FIAはまもなく2017年のエントリーリストを発表するものとみられている。

【関連ニュース】

【F1】合同テスト3日目総合:アロンソ、トラブルフリー。ボッタス首位

【F1分析】マノー2017年仕様マシン詳細解説。新規則の傾向が見える!?

【F1】マノー解散へ。スタッフを今月で解雇も、開発中の新車を公開

【F1】消滅危機のマノーに新投資家からのオファー

【F1】クラッシュで負傷中のウェーレイン、次回テストに参加の見込み

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マノー
記事タイプ 速報ニュース