【F1】マレーシアGP、今シーズン限りで開催終了が決定

マレーシアGPの開催は今シーズン限りで終了し、開催契約も延長されないことが発表された。

 昨年11月、マレーシア政府は2018年以降のF1開催契約を延長しないと発表し、以来数カ月の間マレーシアGPの先行きは不透明だった。

 この決定に至った背景には、F1開催権料が高いことと、チケットの売れ行きが振るわなかったという事実がある。

 F1オーナーのリバティ・メディアとの話し合いによると、今年のレースをもってマレーシアでのF1開催契約は終了し、代わってドイツGPがカレンダーに復帰するという。

 F1の商業面でディレクターを務めるショーン・ブラッチスは、声明の中でこう述べた。

「F1ファミリーのメンバーにさようならを告げるのは、いつだって悲しいことだ」

「20年近くにわたり、マレーシアのF1ファンは最も情熱的なファンの一員であるということを示してきた」

「我々がメルボルンでも話したように、これまで以上にF1とファンとの距離を縮めていくという大きな計画がある。シーズンの進行と共に、この計画についてより話し合いが進んでいくことを楽しみにしている」

「2018年には、(現行のカレンダーに)フランスとドイツが加わり、21のエキサイティングなレースを開催することを楽しみにしている。これまで、この機会を与えてくれたセパン・インターナショナル・サーキットのホスピタリティや、長年のプロフェッショナリズム、そして今後もモータースポーツを支え続けてくれることに感謝したい」

 マレーシアはF1開催では成功を収めることをできなかったが、MotoGPの開催は継続する予定である。MotoGPはマレーシアで特に高い人気を誇り、サーキットの利益を生み出している。

【関連ニュース】

【F1】中国GP FP1:霧により、セッションは1時間以上赤旗に

【F1, MotoGP】マレーシア、2018年でF1終了か。契約更新せず、人気のMotoGPに注力へ

【F1】ハミルトン「戦略よりもホイール・トゥ・ホイールのバトルを」

【F1】アロンソ、シーズン中盤でのマクラーレン離脱説を否定

【F1】ベッテル、メルセデスを警戒。雨予報の中国GPは「予測不能」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース