【F1】ミック・シューマッハー、父ミハエルのベネトンB194をドライブ

ミック・シューマッハーは、F1ベルギーGPの決勝前、父ミハエル・シューマッハーが1994年にドライブしたベネトンB194をデモ走行させた。

 ミック・シューマッハーは、F1ベルギーGPの決勝前、父ミハエル・シューマッハーが1994年にドライブしたベネトンB194をデモ走行させた。

 F3ヨーロッパ選手権に参戦中のミック・シューマッハーは、ベルギーGPの決勝当日、父ミハエル・シューマッハーが1994年にドライブし、自身初のドライバーズタイトルを獲得した際のマシン”ベネトンB194”をドライブ。スパ・フランコルシャンを1周走行した。

 ミック・シューマッハーは、このイベント用のスペシャルカラーリングのヘルメットを着用。半分は自身のデザインであり、もう半分は父のデザインを取り入れた、”ハイブッド”なカラーリングとなっていた。

 この日の走行は、ミハエル・シューマッハーの初勝利から25周年を記念して行われた(ミハエル・シューマッハーの初勝利は1992年のベルギーGP。マシンはベネトンB192だった)。

 1994年のマシンをドライブしたことについてミックは「素晴らしい!」とチャンネル4に語った。

「このクルマにはとても驚いている」

 スパ・フランコルシャンは、ミハエル・シューマッハーのキャリアを語る上では、欠かせないサーキットである。

 1991年のベルギーGPで、ミハエル・シューマッハーはジョーダン191をドライブしてF1デビュー。いきなり予選7位を記録したが、決勝ではクラッチのトラブルでリタイアしている。

 そのちょうど1年後のスパでは、当時最強を誇っていたウイリアムズ・ルノー+ナイジェル・マンセルを、作戦を駆使して撃破。見事F1初優勝を果たしてみせた。

 そしてミハエル・シューマッハーが持つポールポジション最多獲得記録”68回”は、今年のベルギーGPで、ルイス・ハミルトンによって並ばれることになった。

【関連ニュース】

ハミルトン、PP回数でシューマッハーと並び”光栄”だと語る

マッサ「ストロールとの関係は”シューマッハー時代”のようだ」

ブラウン「シューマッハーの功績は今もF1で輝いている」

歴史上最も人気のあるF1マシンはマクラーレンMP4/4に決定!

片山右京「ヴェンチュリLC92は改めて”美しいクルマ”だと思った」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Mick Schumacher
記事タイプ 速報ニュース