【F1】メルセデスの”敗因”はマシンの重量過多か? 軽量化に取り組む

メルセデスは、オーストラリアGPでの”敗北”のリベンジをするため、2017年マシンの軽量化に取り組んでいることを認めた。

 メルセデスは、開幕戦オーストラリアGPでフェラーリに喫した敗北のリベンジをするため、2017年マシンW08の軽量化に取り組んでいることを認めた。

 2017年シーズンの開幕戦オーストラリアGPで、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得したことで、今年もメルセデスの優位は揺るがないかと思われた。

 しかし決勝では、ハミルトンがフェラーリのセバスチャン・ベッテルを引き離せず、ベッテルより早くタイヤの劣化に苦しんだ。その結果、ピットストップを終えてトップに立ったベッテルはそのまま開幕戦の優勝を飾った。

 ハミルトンは、チームはタイヤ磨耗の改善に取り組むべきだと指摘しているが、もうひとつの問題が、マシンの重量だ。

 マシンのダウンフォースが増加した2017年のF1は旋回速度が上がり、コーナリング時にマシンにかかる負荷も増大している。それに加え、今年からドライバーひとりにつき4基しかパワーユニットを使えないため、メルセデスはパワーユニットの部品や各コンポーネントを堅牢に作っている。その結果、彼らのマシンの重量は、マシン最低重量である728kgをオーバーしてしまっていると考えられている。

 マシンの重量が最低重量より重いということは、ラップタイムが遅くなるだけではない。チームは最低重量より軽いマシンを用意し、適切な場所にバラスト(バランス調整用の重り)を積んでマシンのバランスやハンドリングを改善するのが定石なのだ。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、マシンが最低重量を5kgオーバーしているというドイツの自動車誌『アウトモーター・ウント・シュポルト』の報道については認めなかったものの、マシンの軽量化に取り組んでいることは認めた。

「詳細に語りたくはないが、そこは間違いなく改善できる領域だ」とウルフは説明した。

「レギュレーションとマシンのサイズが新しくなったため、パフォーマンスと重量のバランスを取る必要がある。そしてそれが、現在我々が取り組んでいる課題だ」

 マシンの重量に頭を痛めているチームは、メルセデスだけではない。

 レッドブルは、ルノーが開幕戦の前にMGU-Kを変更したおかげで、5kgの重量増を調整する必要があったと考えられている。FIAによりトリック・サスペンションが禁止された後、より複雑で合法的なシステムの開発を追求しなかったのは、システムの重量が増加していたのも理由のひとつだった。

 フォースインディアも、マシンの重量に大きな懸念を抱いていた。バルセロナで行われたテストの後、それまでウェイトトレーニングに励んでいたドライバーたちにダイエットを命じたのだ。だが、チームは第3戦バーレーンGPまでに、この問題に対処できると考えているようだ。

 フォースインディアのチーム副代表のボブ・ファーンリーは、motorsport.comに次のように語った。

「マシン重量について、我々はすでに問題ない」

「実際、我々のマシンは最低重量よりも軽いが、それは十分ではない。だからバーレーンまでに希望通りにバラストを積めるよう、十分な軽量化を施す。マシンの重量について、問題はバラストに関するものだけだ」

【関連ニュース】

【F1】オーストラリアGP決勝:跳ね馬復活。ハミルトンに10秒差圧勝

【F1】2017年マシンの最低重量は728kgに。タイヤの重量増6kgを考慮

【F1】FIA、レッドブルとメルセデスのサスペンションを”違法”と判断

【F1】ペレス「重量問題に対処するため、過酷なダイエットをしてきた」

【F1】ルノー、開幕戦に向けMGU-Kの構造を大幅に変更

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Toto Wolff
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース