【F1】メルセデス、エディ・ジョーダンの『F1撤退予報』を完全否定

メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、”2018年限りでF1を撤退したほうが賢明だ”というエディ・ジョーダンの『提案』を完全否定した。

 現在は英国のテレビで解説者を務めている、元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは今週、メルセデスはチームとしてF1を支配できることを証明したので、単なるエンジンサプライヤーに戻るのは理にかなっていると、ドイツメディアに語った。

 彼の発言を引用したドイツの新聞『TZ』によれば「おそらくメルセデスは、2018年のシーズン終了後にF1から離れるだろう」とジョーダンはコメント。

「もしメルセデスが2017年と2018年もタイトルを争うなら、彼らの上層部はチームを売却することを決め、エンジンサプライヤーとしてのみ、F1に留まることになるだろう。私ならそうする」

「メルセデスはすでに勝つことができると証明されている。しかしこれからは悪くなっていく一方だ。お金を節約し、F1のコア・ビジネスに戻る方がいい。高性能のエンジンを開発し、それをカスタマーチームに供給するんだ」

「モナコでダイムラーの代表である(ディーター)ツェッチェと長話をした。私は彼に、私のアイデアと考えを語り、彼はそれらに対して間違っているという反応はしなかった。いうまでもなく、彼は詳細を語ったりはしなかったがね」

 しかしながら、メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、ジョーダンの主張を”根拠がない”として激しく非難。メルセデスは2020年末まではF1に留まると主張した。

「モナコは、人々がパーティーをしたいと思っている場所だ。”誰かさん”は少しそれをやり過ぎてしまったようだ」とウルフは声明の中で反論した。

「報道は完全に根拠がなく、1個人のいたずらな推測以上の何物でもない」

「メルセデスは2020年末までF1に参戦するという、強固な契約を交わしている。さらに、F1は現在新オーナーの下で、次の競争サイクルについてまさに議論をしているところだ」

Additional reporting by Stefan Elhen

【関連ニュース】

メルセデスは弱者!? ウルフ、フェラーリの強さを改めて認める

メルセデス、音が大きい”最新式”F1エンジンの採用を希望か?

F1新オーナーのリバティ、コンコルド協定に代わる新たなパートナーシップを望む

トト・ウルフとニキ・ラウダ、メルセデスとの契約を2020年まで延長

メルセデス、モナコでのハミルトン苦戦の理由は未だ解明できず

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース