【F1】メルセデス、ドライバー判別する為の新規則に沿ったマシンを公開

メルセデスは、スペインGPより発動する新たなレギュレーションに沿ったマシンを公開した。

 先月末、FIAはマシンのカーナンバーとドライバー名のサイズに最小限度を設け、スペインGPからそれを義務付けることを発表した。

 スペインGPから発動する新たな規則により、カーナンバーは230mm以上、ドライバー名は150mm以上で、なおかつマシンの外部から見える位置に表示されなければならなくなる。

 水曜日、メルセデスはFIAからの要望に沿ったカーナンバーとドライバー名を表示したマシンを公開した。

 メルセデスは、シャークフィンにレギュレーションよりも大きなカーナンバーと、ドライバーの略称を掲げている。フロント側のカーナンバーも新しい規定に合わせて拡大されている。

 

Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W08
Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W08

Photo by: Mercedes AMG

 【関連ニュース】

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化

【F1】ボッタス「今季のF1は”マシン性能”の究極の戦いになっていく」

【F1】打倒レッドブル? フォースインディア、マシン改良に大きな期待

【F1】ラウダ「スペインGPでシーズンは再び新たなスタートを切る」

【F1】リカルド、アップデートに期待「トップから0.5秒以内が目標」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース