【F1】メルセデス、フェラーリの復活は「コース特性が合っているだけ」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、フェラーリの復活はハンガロリンクのコース特性によるもので、彼らが大きな進歩を遂げたとは考えていない。

 ハンガリーGPの2日目、フリー走行3回目からフェラーリは好調ぶりを発揮。”ガードレールのないモナコ”と評されるほど狭く曲がりくねったハンガロリンクで、コースレコードを何度も更新。予選ではセバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得、キミ・ライコネンが2番手に入りフロントロウを独占した。

 予選4番手となったルイス・ハミルトン(メルセデス)はフェラーリの進歩は本物で、彼らが前進したと考えている。しかし一方で、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、予選でメルセデスの2台が彼らに遅れを取ったのは、サーキット特性が真の原因だと語った。

 今週末、フェラーリがこれほど強いのはなぜだと考えているかとmotorsport.comがウルフに訊くと、彼は次のように答えた。

「それは、トラックの特性によるものだと私は考えている」

「特性が似ていて、ハイダウンフォースが要求されるサーキットが3つある。モナコとブダペスト(ハンガロリンク)、そしてシンガポールだ。我々には、少し”パターン”が見え始めている」

「我々のマシンのDNAとして、高速サーキットではより安定して走れるようだ。一方でフェラーリは、より低速で曲がりくねったサーキットで非常に良い」

 実際ウルフは、ハンガリーでメルセデスよりもフェラーリが強いことを心配しているというよりも、モナコよりもフェラーリに近づけているという事実にむしろ励まされているという。

「(モナコ)モンテカルロでは、ここよりもずっとひどい問題を抱えていた」と彼は語った。

「当時は、我々にとってもマシンは新しいモノだった。そして我々はモナコでは発見できなかったパターンを見出しているんだ」

「我々はその問題を解決した。そして、私はその日からポジティブだ。このようなタイプのサーキットで、フェラーリにかなり近づいている」

逆転の最大のチャンスはスタート

 ハンガロリンクはオーバーテイクが難しいサーキットだ。つまり、フェラーリは圧倒的に有利な立場にいるということになる。しかしウルフはまだ優勝の可能性があり、スタートが最大のチャンスだと考えているようだ。

「スタートは、明らかなチャンスだ」と彼は述べた。

「良い蹴り出しができれば、ストレートが600から700メートルある(実際は610メートル)。オーバーテイクの機会はある」

「(スタート直後の)ターン1からターン2にはチャンスがあるが、それ以降は少し難しくなってしまう」

「私からしてみれば、まだレースができると思う。レース中には多くのことが起きる可能性がある。最終的な結果がどうなるか見てみよう。純粋なマシンのパフォーマンスからしてみれば、ダメージを最小限に抑えるレースになる」

【関連ニュース】

ハミルトン、フェラーリのタイムには「敵わなかった」と認める

ライコネン、痛恨のミスでPPチャンスを”投げ捨てて”しまった

ハミルトンのミスを悔やむメルセデス、スタートに逆転を賭ける

F1ハンガリーGP予選:ベッテル、圧巻ポール。跳ね馬が1列目を独占

ザウバーと関係解消のホンダF1、他チームと交渉中と認める

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース